悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

展開ポイントの作成 Deployment Workbemch-Deploy-Deployment Points

leave a comment »


MDT2010_ページ_05 MDT2010_ページ_09

配布ポイントの作成をおこないます。MDTの最終的な構成です。

展開に必要な部品を、展開するパソコンからネットワーク経由やリムーバブルメディアなどに、どのようにアクセスさせるかの定義や展開時に表示させるウィザードの構成等をおこないます。

MDT2010 Beta1を起動します。

スタートボタン→すべてのプログラム→”Microsoft Deployment Toolkit”→”Deployment Workbemch”から左ペインの”Deploy”を選択して項目を展開し”Deployment Points”を選択します。

Deploy1 Deploy2

Deploy3

“Deployment Workbemch – [Deployment WorkbemchDeployDeployment Points]”

のメイン画面が表示されます。

左ペインの”Deployment Points”を選択して、右クリックしメニューから”New”を選択します。

“Choose Type”画面が表示されます。

“Lab or single-server deployment”を選択して『Next』ボタンを押します。

“Removable Media”の項目を選択するとDVDやUSBフラッシュメディアなどに必要なデーターを格納して、ネットワークから切り離された状態での展開を実行できます。

Deploy4 Deploy5

“Deployment point name:”画面が表示されます。名称はデフォルトの”LAB”で作成します。

『Next』ボタンを押します。

“Application List”画面が表示されます。

“Allow users to select additional applications Upgrade.”を選択してチェックボックスにチェックをいれます。

展開時に登録したアプリケーションをリストから選択してインストールできるように画面に表示さる事ができます。

『Next』ボタンを押します。

Deploy6 Deploy7

“Allow Image Capture”画面が表示されます。

“Ask if an image should be captured.”にチェックが入っていると、展開後、MDTサーバーに展開したパソコンのイメージファイルを保存します。

保存したファイルは”Distribution”フォルダーの中の”Captures”フォルダーの中に保存されます。

今回はイメージを保存しないのでチェックをはずします。

『Next』ボタンを押します。

“Allow Admin Password”画面が表示されます。

展開中にローカルのアドミニストレーターのパスワードの入力を省くために”Ask user to set the local Administrator Password.”のチェックをはずします。

『Next』ボタンを押します。

“Allow Product Key”画面が表示されます。

展開中にプロダクトキーの入力を省くために”Ask user for probuct key.”のチェックをはずします。

『Next』ボタンを押します。

Deploy8 Deploy9

Deploy10 Deploy11

“Network Share”画面が表示されます。

“Distribution”フォルダーに共有の設定をおこないます。この設定でネットワーク経由で”Distribution”フォルダーにアクセスできるようになります。

MDTを再インストールしてDeployment Pointを再度作成する時に”Distribution”フォルダーに共有設定がされた状態で”Network Share”の設定をおこなおうとするとエラーになります。

一度”Distribution”フォルダーに設定されている共有設定をはずして”Network Share”の設定をおこないます。この段階ではまだ”Distribution”フォルダーに共有設定はおこなわれて

いません。デフォルトのままでよいので『Next』ボタンを押します。

“Configure User State”画面が表示されます。

Deploy12

“Do not save date and settings”を選択して『Finish』ボタンを押します。

この設定はユーザー情報を保存しないという設定です。新規インストールとなるのでユーザー情報の保存は必要ありません。

Deployment Pointの登録が始まります。

作業が完了すると中央ペインにDeployment Pointが表示されます。

 Deploy13 Deploy14

Written by infra20th

2009年7月16日 @ 14:22

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。