悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

MDT2010 Beta1 Database の準備

leave a comment »


SQL Server Express 2005 SP3の設定が完了し、MDT2010 Beta1 の Database を使用する準備が整いました。

MDT2010 Beta1 の Batabaseを使用する為の設定をおこないます。

DeploymentWorkbenchを起動します。左ペインよりDeployを選択して展開します。

"Database"を選択します。右クリックしてメニューより"New"を選択します。

"DB Wizard"が起動します。"SQL Server Detailes"画面が表示されます。

"SQL Server name:"は操作しているサーバーにSQL Server Express 2005 SP3をインストールしているので操作しているサーバー名を入力します。

"Instance:"はSQL Server Express 2005 SP3をデフォルトでインストールした場合は"SQLEXPRESS"

"Port:"は"1433"(SQL Server Express 2005 SP3 の環境整備を参照)

"Network Library:"は"TCP/IP Sockets"を選択。(SQL Server Express 2005 SP3 の環境整備を参照)

入力が完了したら『Next』ボタンを押します。

エラーが表示され次の画面が表示されない場合はSQL Serverの設定変更後、サービスの再起動を忘れたか、SQL ServerのTCPのPort設定などが間違っている可能性があります。再確認をしましょう。

DB1 DB2

DB3 DB4

"Databese"画面が表示されます。

新しくデーターベースを作成する為"Create a new Database"を選択してラジオボタンをオンにします。

"Database:"に作成したいデータベースの名前を入力します。『Next』ボタンを押します。

DB5 DB6

次に"SQL Share"画面が表示されます。

MDTの展開中にDatabaseを使用する時にSQLサーバーへアクセスが発生します。

その時にこの画面で入力したフォルダーにアクセスしてWindows認証をおこない、認証が成功したらデーターベースへアクセスが可能になる動作をします。

あらかじめ、この認証用のフォルダーを作成して共有の設定をおこなっておきます。

"SQL Share"には作成したフォルダー名を入力します。

『Finish』ボタンを押します。

DB7 DB8

MDT2010 Beta1 のDatabase で使用するSQL Serverのデーターベースの作成及び登録が完了しました。

DB9

Written by infra20th

2009年7月20日 @ 09:30

カテゴリー: Deployment

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。