悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

MDT2010 Beta1 カスタムイメージのキャプチャー方法

leave a comment »


MDT を使用して OS 、アプリケーションのインストールから個別環境の配信及びドメイン参加までの一連の作業を自動化させる手順を紹介しました。

紹介した展開方法では環境を揃えられない、例えば、各種アプリケーションを一度起動させて細かな設定を施したり、MDT では配布できないアプリケーション類を個別でインストールしなくてはならない、デフォルトプロファイルの作成が必要など、MDT の展開では対応できない作業を盛り込む場合は、カスタムイメージをキャプチャーして配信する方法があります。

キャプチャー

カスタムイメージのキャプチャーについては、MDT の展開時と同様に Windows PE で起動させた後にシステムドライブのイメージをキャプチャーする方法がお手軽だと思います。

キャプチャーしたWIMファイルを展開するイメージとして使用します。

ひな型となるマスターを仕上げたらアクセスしやすい場所に、imagex.exe を格納しましょう。

その他、必要に応じてバッチファイルを格納するのも手です。

imagex.exe は WAIK をインストールしたサーバー上の

C:\Program Files\Windows AIK\Tools

配下にプラットフォームごとのフォルダー内に格納されています。

x86 のイメージをキャプチャーするのであれば x86 フォルダー内の imagex.exe を使用します。

Imagex1

Windows PE で起動後システムドライブが D: ドライブとして認識される場合の ImageX コマンドの例です。

/flags オプションを使用しなくても配信する事ができましたが、念のため/flags オプションについても記載します。

Windows セットアップでカスタムの Install.wim ファイルを再展開する場合は /flags オプションを使用します。

/flags オプションの後に OS のバージョンを指定します。

/flags Ultimate

など、バージョンを指定します。

また、共有コマンドについては、Windows PE で起動後、Z: ドライブに Distribution フォルダーが共有されていない場合を想定して、共有コマンドのバッチを念のため格納しました。

キャプチャーしたWIM ファイルを使用した MDT の展開準備については後日説明をします。

Written by infra20th

2009年7月23日 @ 14:25

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。