悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

TSゲートウェイ Windows Server 2008

leave a comment »


Windows Server 2008でVPNを使用せずオフィスなどへ外部から接続する方法について

ちょっと調べたので資料を掲載します。

VPNを使用せず、外部からオフィスなどのネットワークへインターネット経由で接続させ

たい場合、Windows Server 2008の機能の一つであるTSゲートウェイサーバーを使用

して、TSゲートウェイサーバーを外部からの接続窓口として配置し、セキュリティを

保ちつつ、手軽に外部との接続を可能にする事ができます。

また、ターミナルサービスやTS Web Access,RemoteAppなどの機能を駆使するとかなり

面白そうな仕組みを構築できるのですね。今更ながら感心しました。

TSゲートウェイ_ページ_1 TSゲートウェイ_ページ_2

参考資料

アットマーク・アイティ ターミナル・サービスによるクライアント仮想化

マイクロソフト株式会社

IT Pro エバンジェリスト

安納 順一様

これからリリースされるWindows Server 2008 R2では機能変更に伴い、TSゲートウェイは

RDゲートウェイへ名称が変わり、TS Web AccessについてもRD Web Accessへ名称が

変更になるようです。

この変更によって機能がどの様に変わるか非常に興味があります。

ターミナルサービスについてもリモートデスクトップサービスへ名称が変更されるようです。

また、Windows Server 2008 R2で新たに導入されたDirect Accessという機能。

Windows7を実行させているパソコンでドメイン参加している場合、オフィスからパソコンを

持ち出し外出先などからオフィスのネットワークへ接続したい場合に、VPNを使用せず

インターネット経由でWindows Server 2008 R2上で動作させているDirect Accessサーバー

を経由してローカルのネットワークに接続する手法らしいです。

それと、BranchCacheという遠隔地との接続について、キャッシュを利用してデーター転送の

パフォーマンスをあげる機能など、色々と新たな機能がてんこ盛りです。

参考書籍

ひと目でわかるMicrosoft Windows Server 2008ターミナルサービス

非常にわかりやすいです。

Written by infra20th

2009年7月23日 @ 14:41

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。