悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for 8月 2009

Windows XP Windows Vista で LZH ファイルを扱う

leave a comment »


以前は正規のMicrosoftソフトウェアのホームページよりLZH形式の圧縮ファイルを

Windows XP及びWindows Vistaで扱えるようにするアプリケーションを配布していた

はずですが、配布先が消えていました。

正規の Microsoft ソフトウェア

どうしちゃったのでしょうか。

広告

Written by infra20th

2009年8月31日 at 14:00

カテゴリー: Tools

Tagged with

健康第一です (松戸 ラーメン ひむろ)

leave a comment »


夏風邪でしょうか。

気温が冷え込んだり、暑くなったり、体力回復ができなかったのが

原因でしょうか。休む事が出来ない時期なのでとにかく寝て回復です。

北海道ラーメン ひむろに立ち寄りました。

あっさりしたものをと思い醤油ラーメン。

けど、澄んだ醤油ラーメンではなく味噌ラーメンの様です。

お塩の使い方が好みではないのですがおいしかったです。

ミンチがよいアクセントになっています。

200908301 200908302

おいしそうなたい焼き屋さんが隣にあったのですが、忙しい様で時間がかかると断られました。

200908303

Written by infra20th

2009年8月30日 at 11:37

カテゴリー:

DirectAccess (Windows Server 2008 R2)

leave a comment »


気になっていた機能の一つです。

VPN接続に代わるWindows Server 2008 R2 で新たに実装された

リモートアクセス接続「DirectAccess」

IPv6とIPSecの技術を利用してActive Directoryで構築されたドメインに

簡単にリモート接続の環境を提供する事ができる機能です。

対応しているクライアントOSはWindows 7 Enteroriseもしくは

Windows 7 Ultimate エディション。

環境を整えて検証してみたい機能です。

サーバー側もクライアント側も簡単な設定で環境を構築できる様です。

近々、WILLCOM D4 にWindows 7 をインストールする事を考えています。

クライアントにD4を使用し実際に環境を構築してみようと考えています。

Windows 7 、各エディションで利用できる機能を比較し選定していくと

どうしてもUltimateを選択するしかなくなってしまいます。

少し考えてしまいますね。

Written by infra20th

2009年8月28日 at 14:30

カテゴリー: Windows Server 2008 R2

久しぶりにお昼にありつけました (松戸 ラーメン きりん)

leave a comment »


かなりお久しぶりのちゃんとしたお昼。

とは言え10分そこらしか時間がなかったので、ぎりぎりお昼のラーメン。

醤油とんこつラーメン。

かなりあっさりしたお味です。今の時期と体にはありがたいです。

スープや麺にもう一つ工夫をするともっと味にアクセントができて良くなるような気がしました。

200908281 200908282

Written by infra20th

2009年8月28日 at 14:25

カテゴリー:

Snow Leopard 明日発売なんですね

leave a comment »


Mac OS X 10.6。発売日決定したんだ、と思ったら8月28日って

明日じゃないですか。

Microsoft Exchange Server 2007のサポートがうりの一つに

なっていますね。

Mac OS X Leopardユーザはアップグレード費用が3,300円。

残念な事に対応CPUはIntelのみに。

新しいOS発売という事なので、斬新なハードウェアの発表を

楽しみにしています。

Written by infra20th

2009年8月27日 at 14:15

カテゴリー: PC

サーバーOS環境なし。クライアントOS環境だけでDHCPサーバーやPXEサーバーを構成したい場合

leave a comment »


こんなツールを使用します。

TFTPD32。

The opensource TFTP server

フリーソフトなので動作や信頼性は商用サーバーの機能より劣りますが、

クライアントOS上で手軽にサーバー機能を構成する事ができます。

TFTP

DHCP

DNS

SNTP

サーバーの機能を構成する事ができます。

また、アプリケーションをインストールせずに運用する事が出来るので

重宝します。

具体的な構成方法について、後日ご紹介しようと計画中です。

Written by infra20th

2009年8月26日 at 14:10

カテゴリー: Tools

Tagged with , , , ,

ネットワークトラブル

leave a comment »


先日、久しぶりにはまったトラブル。多分、トラブルの原因はこれでしょう。

どうやら内蔵LANカードの動作がトラブルの原因の様です。

動く、動かないとはっきり判断のつかないあやふやな感じのトラブルです。

1000BASE-T環境にも関わらず、PXEブート時、DOS環境、Windows環境、

どの環境でもなぜかリンクスピードが10Mbpsでの接続と認識されてしまい

ます。

HUBのリンクランプを確認してみるとリンクランプが点灯せず、リンクさえも

確立できない事も。

Windows環境でローカルエリアの状況を確認してみると、ネットワークの

設定は正しいにも関わらず、他の端末にPingがとばず、インターネットにも

接続できません。

パケットについて、送信のみおこなわれていて、受信が0バイトと表示

されています。

正常にくネットワーク接続ができていても、いきなりリンクが常時途切れて

しまったり、HUBのリンクランプもビーコンの様に断続的に一定間隔で

リンクランプが点滅したりする始末。

ローカルエリア接続を無効にさせたり、ネットーワークケーブルを抜き差し

を何度も繰り返すと正常に1Gbpsのリンクを確立します。

PXEブート時についても同じような現象が出て、復旧方法はネットワーク

ケーブルを何度も抜き差しする事や、PXEブート時にタイミング良くネット

ワークケーブルを抜き差しする事で復旧します。

職人技が必要な作業は考えものです。

出荷時の検査をしっかりしてもらいたいです。

意味不明のトラブルでかなりの無駄な時間を消費してしまいました。

大量展開時に数台でもこの様な端末が混じってしまうと、マルチキャスト

展開時に無駄な時間を過ごさなくてはなりません。

何度も展開準備作業をおこなったり、原因調査で時間を消費したり。

ネットワークケーブルやネットワーク機器を疑って、別の機器を現場に

持ち込んだり、作業用の別のネットワークを構築したり・・・。

精神的な疲れや肉体的な疲れをくらっちゃいます。

Written by infra20th

2009年8月25日 at 14:58

カテゴリー: Network

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。