悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

MDT (Microsoft Deployment Toolkit) を使用してWindows XPを展開する場合の注意事項

leave a comment »


MDTを使用してWindows XPを展開する時の注意事項を記載します。

MDTでWindows PE 2.0以降のバージョンを使用する場合の現象です。

このバージョン以降で作成するパーティーションとWindows XPと互換性がない場合があり Windows XPが起動できなくなる現象が発生する場合があります。

Microsoft サポート技術情報 KB931760

MDTのDeploymentWorkbenchの左ペインよりTask Sequencesを選択して作成したタスクシーケンスを選択します。

右クリックしてプロパティーを選択します。作成したタスクシーケンスのプロパティー画面が表示されます。

Task Sequencesタブを選択します。

左ペインの項目、Preinstall→New Computer only→Set Diskpart BIOS Compatibilityを選択します。

Optionタブを選択して”Disable this stap”のチェックボックスをオンにします。

Windows XPの展開が正常におこなわれない場合は試してみるといいです。

Written by infra20th

2009年8月6日 @ 14:11

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。