悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

ネットワークトラブル

leave a comment »


先日、久しぶりにはまったトラブル。多分、トラブルの原因はこれでしょう。

どうやら内蔵LANカードの動作がトラブルの原因の様です。

動く、動かないとはっきり判断のつかないあやふやな感じのトラブルです。

1000BASE-T環境にも関わらず、PXEブート時、DOS環境、Windows環境、

どの環境でもなぜかリンクスピードが10Mbpsでの接続と認識されてしまい

ます。

HUBのリンクランプを確認してみるとリンクランプが点灯せず、リンクさえも

確立できない事も。

Windows環境でローカルエリアの状況を確認してみると、ネットワークの

設定は正しいにも関わらず、他の端末にPingがとばず、インターネットにも

接続できません。

パケットについて、送信のみおこなわれていて、受信が0バイトと表示

されています。

正常にくネットワーク接続ができていても、いきなりリンクが常時途切れて

しまったり、HUBのリンクランプもビーコンの様に断続的に一定間隔で

リンクランプが点滅したりする始末。

ローカルエリア接続を無効にさせたり、ネットーワークケーブルを抜き差し

を何度も繰り返すと正常に1Gbpsのリンクを確立します。

PXEブート時についても同じような現象が出て、復旧方法はネットワーク

ケーブルを何度も抜き差しする事や、PXEブート時にタイミング良くネット

ワークケーブルを抜き差しする事で復旧します。

職人技が必要な作業は考えものです。

出荷時の検査をしっかりしてもらいたいです。

意味不明のトラブルでかなりの無駄な時間を消費してしまいました。

大量展開時に数台でもこの様な端末が混じってしまうと、マルチキャスト

展開時に無駄な時間を過ごさなくてはなりません。

何度も展開準備作業をおこなったり、原因調査で時間を消費したり。

ネットワークケーブルやネットワーク機器を疑って、別の機器を現場に

持ち込んだり、作業用の別のネットワークを構築したり・・・。

精神的な疲れや肉体的な疲れをくらっちゃいます。

Written by infra20th

2009年8月25日 @ 14:58

カテゴリー: Network

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。