悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 7 のバックアップ (システム イメージの作成)

leave a comment »


今まで使用した事がなかったのですが、OSに標準で装備されているバックアップ機能です。

一時的に、Windows Server 2008 R2 に変更する為、システムドライブのイメージをバックアップします。

スタートメニュー→すべてのプログラム→メンテナンス→『バックアップと復元』を選択します。

『ファイルのバックアップまたは復元』の画面が表示されます。

今回はCドライブにインストールされたWindows 7 のバックアップをおこないたいので、左ペインの『システム イメージの作成』という項目を選択します。

Backup1 Backup2

項目を選択すると『システムイメージの作成』画面が表示されます。

システム イメージのバックアップ先は

・ハードディスク(USB接続されたポータブルハードディスクなどを選択する事もできます。)

・DVDメディア

・家庭内ネットワークに接続されている、ネットワークで接続可能な場所

を指定できます。

今回はハードディスクのDドライブにバックアップを保存します。

メニューにしたがって進めていきます。

Backup3 Backup4

バックアップが完了するとハードディスクのDドライブに『WindowsImageBackup』という名前でフォルダーが作成され、復元に必要なシステム イメージが保存されます。

復元の方法は簡単で、パソコンをWindows 7 のセットアップディスクで起動させます。

Windows 7 のインストール画面が起動します。

『言語とその他の項目を入力してから[次へ]をクリックしてください。』の画面を進めます。

『今すぐインストール』の画面の左下に『コンピューターを修復する』という項目があります。

この項目を選択します。

『システム回復オプション』画面が表示されます。

『以前に作成したシステム イメージを使用して、コンピューターを復元します。』を選択してラジオボタンをオンにして『次へ』のボタンを押します。

復元するバックアップの種類や場所を指定してコンピューター イメージの再適用をおこないます。

OSが起動しなくなった時やハードディスクの交換などハードウェア障害時に備えて、定期的にバックアップを取る事も大切だと思います。

Written by infra20th

2009年9月27日 @ 12:29

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。