悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows Home Server Remote Accsess

leave a comment »


Windows Server 2008 R2 の Hyper-V 上で Windows Home Server を構築してリモート アクセス

をさせたいと思い設定・構築をおこなってみました。

インターネット接続をおこなっているルーターはUPnP対応なので簡単に設定がおこなえると

考えていましたが、うまくいきません。

Hyper-V 上のほかのOSからはUPnPを利用できるようですが、Home Server からUPnPを

利用する為の環境設定が現時点で分からなかった為、ルーターの設定変更で対応しました。

リモートアクセスをおこなう事ができる環境が整ったので、設定を開始します。

Windows Home Server Console を起動します。

Help 横の Settings を選択します。

Windows Home Server Settings 画面が表示されます。

左ペインより『Remote Access』を選択します。

『Repair』ボタンを押すと『Remote Access Repaor Wizard』が表示されます。

Homeserver1 Homeserver2

いくつかのネットワーク環境のテストが開始され成功するとテスト成功の画面が表示されます。

『Next』ボタンを押します。

Homeserver3 Homeserver4

続いて、外部公開(インターネット)するドメインの設定ウイザードが開始されます。

ドメイン取得には Windows Live ID が必要です。事前に Windows Live ID を取得します。

Windows Live へのサインイン画面が表示されますので、取得している Windows Live ID を

入力してサインインします。

この Windows Live ID と 公開するWindows Home Server のドメインとを関連付ける作業を

おこないます。

Homeserver5 Homeserver6

サインインが終了すると、関連ずけるドメイン名の設定です。

公開したいドメイン名を入力します。

利用できるドメイン名かを確かめる為に『Confirm』ボタンを押します。

Homeserver7 Homeserver8

利用できなドメイン名だと警告が表示されます。

利用できるドメイン名が決まったら『Finish』ボタンを押します。

Homeserver9 Homeserver10

Homeserver11 Homeserver12

設定が完了するとRemote Access』の状態が『Available』となります。

『Detaile』ボタンを押して外部公開されている状況を確認します。

Homeserver13

Windows Home Server のリモート アクセスの環境が整ったら、リモート アクセスする為の

ユーザーの登録です。

すでに登録されているユーザーにリモート アクセスの許可をさせたい場合は登録されている

ユーザーを右クリックして『Properties』を選択します。

ユーザーのプロパティ画面で、『Enable remote access for this user』の右横のチェックボックス

にチェックをいれて利用できるサービスを選択します。

Windows Home Server で管理されているパソコンのリモート操作と公開されているフォルダー

を提供したい場合は『Allow access to shared folders and home computers』を選択します。

新規にユーザー登録する際にリモート接続の許可を設定したい場合についても設定方法は

同じです。

Homeserver14 Homeserver15

Homeserver16 Homeserver17

Homeserver18

リモート接続の許可をしたユーザーでリモート アクセスができるようになります。

下記、画面はルーターの設定画面です。

 Homeserver19

リモート 接続ができるかを確かめる為に、ブラウザーを起動させ設定したドメイン名を

入力し接続させてみます。

『https://設定したドメイン名.homeserver.com』と入力します。

Homeserver20 Homeserver21

Homeserver22 Homeserver23

Homeserver24

外出先などから外部公開している Windows Home Server 上に保存されている各種ファイルを

取り扱えるだけでなく、 Windows Home Server で管理しているパソコンをリモート操作できる

仕組みを簡単に構築・提供する事ができます。

この様な環境を自宅などで手軽に構築したいと考えている人には Windows Home Server は

魅力的なOSではないでしょうか。

Written by infra20th

2009年10月1日 @ 14:47

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。