悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

MDT 2010 展開作業の準備 (Applications その2)

leave a comment »


MDT 2010 を使用してAdobe Reader の展開をする為の準備です。

『Adobe Customization Wizard 9』というアドビから提供されているユーティリティを用いてサイレントインストール、再起動などのカスタムセットアップをおこなうためのインストーラーを作成します。

この作業を進める為の環境を整えます。

事前に Adobe Reder のインストールをおこないます。

Adobe Customization Wizard 9 をダウンロードしインストールをおこないます。

Adobe Customization Wizard 9

ACW1 ACW2

ACW3 ACW4

Adobe Customization Wizard 9 のインストールが完了したら Adobe Customization Wizard 9 を起動します。

Adobe Customization Wizard 9 でAdobe Reader のカスタマイズしたインストーラーを作成する準備を開始します。

Adobe Reader のインストールプログラムを作業しやすい様に作業用のフォルダーへコピーします。

事前に手動でコピーし用意している場合はこの作業は必要ありません。

メニューからFile→『Copy Packege』を選択します。

ACW5 ACW6

『Browse to the location of your existing source packege:』には事前にインストールした Adobe Rederのフォルダー内に作成されたインストール パッケージを指定します。

Windows Server 2008 R2 でインストールした場合は下記フォルダーとなります。

C:\Program Files (x86)\AdobeReader 9.0\Setup Files\{AC76BA86-7AD7-1041-7B44-A91000000001}

『AcroRead.msi』ファイルを指定します。

『Create a name for your new package:』にはインストール パッケージをコピーするフォルダーを指定します。

ここで指定した名称で新しくフォルダーが作成されます。

『Browse to the location where you would like your new package copied:』には

コピー先を指定します。

下記図の様に入力した場合は、『D:\Work\MDT\MDT2010\Adobe』フォルダーに『Adobe Reader Custom Install』というフォルダーを作成し、このフォルダーにインストール パッケージのコピーをおこないます。

ACW7 ACW8

コピーが完了するとインストーラーをカスタマイズする画面が表示されます。

アプリケーション パッケージは下記の様にコピーされます。

ACW9 ACW10

今回設定する箇所は以下の通りです。

・サイレント インストール。

 左ペインの『Installation Options』を選択。

 『Run Installation:』の『Unattended』を選択。

 インストール画面を表示させながらサイレントインストールをおこなう。

 インストール画面を表示させたくない場合は『Silently』を選択する。

・Adobe Reader インストール後、パソコンの再起動をさせない。

 『If reboot required at the end of installation:』の『Suppress reboot』を選択。

※『Default viewer for PDF files:』という項目があります。

この項目は Adobe Acrobat がインストールされている環境に Adobe Reader をインストールする場合、どちらをデフォルトのビューワーにするかの設定をおこなうことができる項目ですが、Adobe Acrobat がインストールされていない環境で間違った設定をおこなってしまうと、IEなどから PDF ファイルを直接表示させようとした場合に正しく動作しない場合があるので、設定をおこなう場合は注意しましょう。

ACW11

・ディスクトップに Adobe Reader のショートカットを作成しない。

 左ペインの『Shortcuts』を選択する。

 Desktop→『Adobe Reader 9』を選択して、右クリックしメニューより『Remove』を選択する。

ACW12

・Adobe Reader 起動時に ソフトウエア使用許諾契約書を表示させない。

 左ペインの『EULA and Document Status』を選択する。

 『Sppress display of End User License Agureement (EULA)』のチェックボックスにチェックを入れる。

ACW13

・ヘルプのアップデートの有無を表示させない。

 左ペインの『Online and Acrobat.com Features』を選択する。

 『Disable all updates:』のチェックボックスにチェックを入れる。

・ヘルプの製品向上プログラムを表示させない。

 『Disable Product Improvement Program:』のチェックボックスにチェックを入れる。

ACW14

設定が完了したらカスタマイズされたインストールをおこなえる様に設定した情報を保存します。

メニューからFile → 『Save Package』を選択します。

ACW15

作成したカスタマイズされたインストーラーで Abobe Reader のインストールをおこなうと設定された条件でインストールがおこなわれます。

ACW16 ACW17

インストール パッケージをコピーしたフォルダー内を確認すると『setup.ini』と『AcroRead.mst』というファイルが確認できます。

ACW18 ACW19

『Setup.ini』に Adobe Reader インストール時に『AcroRead.mst』を使用する記述が確認できます。

このインストール パッケージを利用して MDT 2010 に展開するアプリケーションの登録をおこなっていきます。

Written by infra20th

2009年10月13日 @ 14:22

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。