悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 7 DVD の書き込みを禁止する方法 (ローカル グループ ポリシー エディター)

leave a comment »


Windows 7 では標準で ISO イメージを光学メディアに書き込む機能が備わっています。

(Winodws 7 で標準で装備されている 直接ディスクへ書き込むツール

Windows ディスク イメージ書き込みツール:C:\Windows\System32\isoburn.exe)

運用上のポリシーでDVDへの書き込みを禁止をしたい場合、ローカル グループ ポリシーを使用して禁止する事ができます。

スタートボタンを押して『プログラムとファイルの検索』に『gpedit.msc』と入力します。

GP1

入力後『Enter』キーを押します。

『ローカル グループ ポリシー エディター』が起動します。

GP2

左ペインより、コンピューターの構成→管理用テンプレート→システム→『リムーバブル記憶領域へのアクセス』を選択します。

中央ペインに『CD及びDVD:書き込みアクセスの拒否』という項目があります。

選択後、マウスでダブルクリックもしくは右クリックしメニューより『編集』を選択します。

GP3

『CD 及び DVD:書き込みアクセスの拒否』画面が表示されます。

ラジオボタンが『未構成』にオンとなっています。

『有効』を選択してラジオボタンをオンにします。

『適用』ボタンまたは『OK』ボタンを押します。

ローカル グループ ポリシー エディターを終了させます。

メニューからファイル→『終了』を選択します。

この操作で CD や DVD メディアへの書き込みが禁止されます。

この方法は ローカル グループ ポリシー で設定する為、設定したパソコンにログオンするすべてのユーザーに対して適用されます。

その他にも、バックアップの禁止などのポリシーも実装されています。

GP4

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。