悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

MDT 2010 展開の準備 (Out-of-Box Drivers)

leave a comment »


MDT 2010 のOut-of-Box Drivers についてです。

パソコン展開時にハードウェアのドライバーを適用することができます。

特殊なハードウェアや最新のドライバーをパソコン展開時に適用したい場合はこの『Out-of-Box Drivers』にあらかじめ展開時に適用したいドライバーの登録をおこないます。

事前に登録したいドライバーを入手し『inf』ファイルを MDT 2010 から読み込めるように展開して保存します。

DeploymentWorkbench を起動します。

Deployment Shares を選択し展開します。

『Out-of-Box Drivers』を選択します。

右クリックしメニューより『Import Drivers』を選択します。

OB1 OB2

『Inport Drive Wizard』が起動します。

『Specify Directory』画面が表示されます。

『Driver source directory:』に登録したいドライバーが格納されているフォルダーを指定します。

『Browse』ボタンを押してフォルダーを選択します。

選択後『Next』ボタンを押します。

OB3 OB4

『Summary』画面が表示されます。

指定したディレクトリーの確認がおこなえます。

『Next』ボタンを押します。

『Progress』画面が表示されドライバーの読み込みが開始されます。

OB5 OB6

ドライバーの読み込み及び登録が完了すると『Confirmation』画面が表示されます。

『Finish』ボタンを押して『Import Driver Wizard』を完了させます。

OB7

『Out-of-Box Drivers』を選択すると中央ペインに登録されたドライバーを確認することができます。

登録したドライバーを選択して右クリックしメニューより『プロパティ』を選択します。

OB8 OB9

登録されたドライバーのプロパティを確認することができます。

OB10 OB11

最新のドライバーが提供されている場合や展開するパソコンの特殊なハードウェアのドライバーを事前に登録しておくとよいでしょう。

OB12

Written by infra20th

2009年10月22日 @ 14:18

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。