悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

MDT 2010 パソコンの展開 起動ディスクの動作確認 その1

leave a comment »


MDT 2010 を使用してパソコンの展開をおこなう準備が整いました。

作成されたパソコン展開用の起動ディスクが正しく動作するかの確認をおこなってみます。

作成された ISO イメージを使用して動作確認をおこないます。

今回は Windows Server 2008 R2 の Hyper-V 上で動作確認を進めていきます。

展開作業をおこなうパソコンからMDT 2010 を動作させているコンピューター(DeploymentShare フォルダー)にアクセスできる様に IP アドレス等の情報を事前に用意します。

DHCP サーバーを利用する事も可能です。

実機にて確認作業をおこなう場合は、作成された ISO イメージを CD や DVD 等のメディアに書き込みをおこない使用します。

作成された ISO イメージを使用してパソコンを起動させます。

今回展開する OS は x86 Windows 7 です。

作成された『LiteTouchPE_x86.iso』 という ISO イメージを使用します。

起動ディスクが正しく作成されていると起動ディスクからパソコンが起動します。

MDT1 MDT2

起動後、パソコン展開をおこなう為のメニューが表示されます。

『Welcome Windows Deployment』画面の表示されます。

Kebord Layout が『日本語』となっている事を確認します。

以前までのバージョンだとキーボードの種類を手動で選択する必要がありました。

選択の手間が省けるのはいいですね。

メニュー上の『Configure with Static IP Address…』ボタンを押すと IP アドレス等の設定を手動でおこなう事ができます。

MDT3 MDT4

IP アドレス等の設定については、MDT 2010 が動作しているコンピューターへアクセスできる事と正しく名前解決できる様に設定をおこないます。

『Run the Deployment Wizard to install a new Operating System』を選択してメニューを進めます。

MDTIP1

『User Credentials』画面が表示されます。

DeploymentShare フォルダーにアクセスできる権限をもったユーザー及びパスワードドメイン名を入力します。

入力後『OK』ボタンを押します。

MDT5 MDT6

『Windows Deployment Wizard』が起動します。

『Select a task sequence to execute on this computer.』画面では、作成したタスクシーケンスのリストからおこないたいタスクシーケンスを選択して『Next』ボタンを押します。

MDT7

『Congigure the computer name.』画面が表示されます。

展開するパソコンのコンピューター名を入力します。

入力後後『Next』ボタンを押します。

MDT8 MDT9

『Join the computer to a domain or workgroup.』画面が表示されます。

パソコン展開時にワークグループもしくはドメインのどちらに参加させるかを選択します。

今回はドメインに参加できるかも確認したいので『Join a domain』を選択してドメインへ参加させる為に必要な情報を入力します。

入力後『Next』ボタンを押します。

MDT10 MDT11

『Specify whether to restore user date』画面が表示されます。

展開するパソコンにユーザープロファイルを移行するかの選択ができます。

今回はユーザープロファイルの移行はしないので『Do not restore user data and settings.』を選択して『Next』ボタンを押します。

MDT12

『Language and oher preferences』画面が表示されます。

使用する言語と場所及びキーボードの設定をおこないます。

各項目が『日本語』となっている事を確認して『Next』ボタンを押します。

『Set the Time Zone』画面が表示されます。

タイムゾーンの設定をおこないます。

リストから『(GMT+09:00) Osaka,Sapporo,Tokyo』を選択して『Next』ボタンを押します。

MDT13 MDT14

『Select one or more applications to install.』画面が表示されます。

登録したアプリケーションのリストが表示されます。

パソコン展開時にあわせてインストールしたいアプリケーションを選択して『Next』ボタンを押します。

MDT15

『Specify the BitLocker configuration.』画面が表示されます。

展開するパソコンで BitLocker 機能を使用する為の設定をおこなう事ができます。

今回は BitLocker 機能を利用しないので『Do not enable BitLocker for this computer.』

を選択して『Next』ボタンを押します。

MDT16

『Ready to begin.』画面が表示されます。

『Details』を選択すると構成した内容の確認ができます。

問題がなければ『Begin』ボタンを押して展開を開始します。

MDT17 MDT18

MDT19 MDT20

Written by infra20th

2009年11月11日 @ 14:08

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。