悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Microsoft Application Virtualization (Microsoft App-V)

leave a comment »


アプリケーションの仮想化を実現する『Microsoft Application Virtualization』の調査

及び検証をおこなってみようと考えてみました。

アプリケーションの仮想化とは、アプリケーションをパソコンにインストールする事なく

仮想化の技術を使用して実行させる技術です。

OS とアプリケーションを別々に取り扱う事ができ、アプリケーションをネットワーク

サービスとして利用する事を実現させます。

パソコンにアプリケーションをインストールする必要はなく、必要に応じてサーバーから

パソコンにアプリケーションを配信させます。

Microsoft Application Virtualization ( Microsoft App-V ) を使用して実現させる事が

できます。

App-V は Microsoft Desktop Optimization Pack ( MDOP ) に含まれている

アプリケーションの仮想化を実現するソリューションの一つです。

<仮想化されたアプリケーションをパソコンに配信する為に必要な環境>

・ Application virtualization Server ( Active Directory )

 Microsft Application Virtualization Sequencer で作成した仮想アプリケーションを

 パソコンに配信するサーバー アプリケーション。

 > Microsoft Application Virtualization Management Server

 > Microsoft Application Virtualization Streaming Server

 >Microsoft Application Virtualization for Terminal Services

・Microsoft Application Virtualization Sequencer

 アプリケーションを配信可能な状態にする仮想化ツール。

・Microsoft Application Virtualization Desktops Client

 パソコンで Microsoft Application Virtualization で作成した仮想アプリケーションを

 利用する為のアプリケーション。

<構成イメージ>

App-V構成図

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。