悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (ネットワークブートの環境構築 その5)

leave a comment »


目的のファイルを作成した『PXE』フォルダーにコピーします。

pxe11

コピー先は『C:\tftpd32\PXE\BOOT』です。

pxe12

作業が終了したら『boot.wim』の展開(マウント)を解除します。

pxe13

〔環境の整理〕

・Windows PE 3.0 をPXE ブートさせる為に必要な追加ファイル:

 boot.wimを展開(マウント)

 展開(マウント)したフォルダー内の『C:\winpe_x86\mount\Windows\Boot\PXE』フォルダー内

 必要なファイル:『bootmgr.exe』及び『pxeboot.n12』の 2 つのファイル

・追加ファイルのコピー先:

 今回は PXE ブートをさせる為に必要なファイルを格納させるフォルダー:『C:\tftpd32\PXE\BOOT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。