悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 7 デフォルトプロファイルのカスタマイズ その3 (Sysprep の操作 カスタマイズされたプロファイルを既定のプロファイルに適用する作業)

leave a comment »


※ Sysprep を使用するとパソコン名の再設定やログオン時に新規にユーザーを作成するなどの作業が発生します。
  また、ドメインに参加しているパソコンは、ドメインから離脱後、作業を進めて下さい。

カスタマイズしたプロファイルを既定のプロファイルにコピー(適用)させたいパソコンでプロファイルのカスタマイズ作業をおこないます。

(ディスクトップ上にショートカットを配置したり、電源オプションやフォルダーオプションなど)

AIK20

プロファイルのカスタマイズが完了したら、事前に作成した『Untitled.xml』ファイルを用意します。

今回は『C:\Windows\System32\Sysprep』内に格納します。念の為、ログオフか再起動します。

AIK21

カスタマイズしたプロファイルを既定のプロファイルに適用する作業を進めます。

『Sysprep.exe』を利用してこの作業を進めていきます。

コマンドプロンプトを管理者モードで起動させます。

『スタートボタン → すべてのプログラム → アクセサリ → コマンドプロンプト』を表示させ右クリックし『管理者として実行』を選択します。

AIK22AIK23

コマンドプロンプトが起動します。カレントディレクトリーを『C:\Windows\System32\Sysprep』に変更します。

AIK24AIK25

コマンドプロンプトより下記コマンドを入力して『Enter』キーを押します。

『Sysprep.exe /generalize /unattend:c:\windows\system32\sysprep\Untitled.xml』

/generalize スイッチは、Untitled.xml ファイル内に記述してある CopyProfile パラメーターを使用するために使用します。

unattend: オプションは、目的の Untitled.xml ファイルを指定するために使用します。

AIK26

コマンドの入力が完了すると『システム準備ツール 3.14』が起動します。

『システム クリーンアップ アクション』の『一般化する』のチェックボックスにチェックを入れて『OK』ボタンを押します。

AIK27AIK28

Sysprep が実行されます。

AIK29

Sysprep 終了後、パソコンが再起動します。

AIK30AIK31

再起動後、必要事項を入力します。

AIK32AIK33

必要事項入力後、ログオン画面が表示されます。

Sysprep が正しく動作したらカスタマイズしたプロファイルが既定のプロファイルに適用されます。

新規にユーザーを作成してログオンをしてプロファイルが正しく適用されているかを確認します。

AIK34AIK35

この作業でカスタマイズしたプロファイルを既定のプロファイル(デフォルトプロファイル)に適用させることができます。

これで、ユーザーはログオン後、必ずカスタマイズされた共通のプロファイル(環境)を利用することができます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。