悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

クイック ア クセス ツールバーをカスタマイズした場合の設定ファイルが格納されている場所 ( Office 2007 )

leave a comment »


Office 2007 の クイック アクセス ツール バー をカスタマイズした場合、設定ファイルが

ログオン ユーザーごとに保存されます。

OfficeQuick

保存先はユーザープロファイル格納フォルダーです。

Windows 7 の場合は通常 C:ユーザー フォルダーにユーザーごとのプロファイル

フォルダーが存在します。

ログオンしているユーザーのフォルダーを確認します。

フォルダー内を確認すると『AppData』というフォルダーが確認できます。

このフォルダーは隠しフォルダーです。

Office1 Office2

『ローカル→ Microsoft → Office』とアクセスします。

Office3 Office4

Office5 Office6

Office7

このフォルダー内に クイック アクセス ツール バー をカスタマイズした場合に設定ファイルが

保存されます。

Excel で クイック アクセス ツール バー をカスタマイズしてみます。

Office8 Office9

Office10

フォルダー内に『Excel.qat』といファイルが作成されます。

Word で同様の設定をおこなうと『Word.qat』というファイルを確認する事ができます。

Office11 Office12

この設定ファイルが保存されているフォルダー構成と設定ファイルを利用すると

いろいろと工夫ができると思います。

Written by infra20th

2010年5月4日 @ 02:13

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。