悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 7 デフォルトプロファイルのカスタマイズ その4 (Untitled.xml のオプション)

leave a comment »


Sysprep を実行した時に、場合によって実行させたくないオプションがあると思います。

『Untitled.xml』 に適用する事が考えられるその他のパラメータです。

・デバイスドライバの保持

パラメーターは『PersistAllDeviceInstalls』。

既定値は『false』です。

『True』に設定すると Sysprep を実行した際にデバイスドライバが削除されません。

・ライセンス認証

パラメーターは『SkipRearm』。

既定値は『0』です。

値を 0 に設定すると、コンピュータが再初期化されます。

ライセンス認証に関連する項目がすべて削除されるかリセットされます。

猶予期間タイマもすべてリセットされます。

値を 1 に設定すると、コンピュータは再初期化されません。

ライセンス認証に関連するデータはすべて残されリセットされません。

猶予期間タイマもリセットされません。

パラメーター『PersistAllDeviceInstalls』の適用方法。

左ペインの『Windows イメージ』に表示されている『Windows 7 ENTERPRISE』の『Components』を展開します。

展開した項目から『x86_Microsoft-Windows-PnpSysprep_6.1.7600.16385_neutral』を選択します。

Untitle.xml_etc1

項目を右クリックしメニューより『パス 3 generalize に設定を追加(3)』を選択します。

右ペインの『プロパティ』に『x86_Microsoft-Windows-PnpSysprep_6.1.7600.16385_neutral』のプロパティが表示されます。

『設定』を展開して『PersistAllDeviceInstalls』を選択します。

Untitle.xml_etc2 Untitle.xml_etc3

プルダウンメニューより『true』を選択します。

Untitle.xml_etc4 Untitle.xml_etc5

パラメーター『SkipRearm』の適用方法。

左ペインの『Windows イメージ』に表示されている『Windows 7 ENTERPRISE』の『Components』を展開します。

展開した項目から『x86_Microsoft-Windows-Security-Licensing-SLC_6.1.7600.16385_neutral』を選択します。

Untitle.xml_etc6

項目を右クリックしメニューより『パス 3 generalize に設定を追加(3)』を選択します。

右ペインの『プロパティ』に『x86_Microsoft-Windows-Security-Licensing-SLC_6.1.7600.16385_neutral』のプロパティが表示されます。

『設定』を展開して『SkipRearm』を選択します。

Untitle.xml_etc7 Untitle.xml_etc8

値に『1』と入力します。

Untitle.xml_etc9

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。