悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Lenovo G560 (06792UJ) レビュー (Vol.11 タッチパッドの設定について)

leave a comment »


Lenovo G560 のタッチパッドの使い勝手を向上させる方法です。

コントロール パネル内に『マルチフィンガー』という項目が確認できます。

この項目から『タッチパッド』の各種設定ができます。

TP1

項目を選ぶと『Elan スマートパッド』というアプリケーションが起動します。

『マウス』のプロパティ、『Elan』タブ内の『オプション』ボタンを押しても

起動します。

TP2

『ボタン』について

クリックボタンの動作を設定できます。

TP3

『タッピング』について

タッチパッドの領域でタッピングした時の動作について設定できます。

TP4

『エッジスクロール』について

タッチパッドの右側、下側を使用してスクロールさせる動作の設定ができます。

TP5

『ドラッグ&ドロップ』について

タッチパッドの操作だけでドラッグ&ドロップができる設定ができます。

TP6

『パーム測定について』

タッチパッドの感度について設定ができます。

TP7

各設定項目を調整する事で、使いやすい環境にする事が出来ます。

マウスのプロパティでは外部マウスを接続した時のタッチパッドの動作や通知領域の

アイコンの表示について設定ができます。

T1

Written by infra20th

2010年5月30日 @ 13:26

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。