悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Lenovo G560 (06792UJ) レビュー (Vol.13 内部を確認してみました その1)

leave a comment »


部品交換などが可能か調べてみましょう。

※作業をおこなう場合は破損の恐れがありますので十分注意して下さい。

  場合によってはメーカー保障等受けられなくなる可能性がある作業です。

AC アダプター及びバッテリーを本体から取り外します。

H1B

背面のいくつかのネジを取り外します。

ネジをはずしたらカバーを外します。

この時、何箇所か引っかかりがあるので破損しないように十分注意してカバーを開けます。

H1B2

カバーを外すと、いくつか交換できそうな部品を確認する事ができます。

H2B

<CPU>

Intel Core i5 430M が装着されています。

CPU を取り外すことができるので交換できそうですね。

アップグレードを簡単におこなえそうなので、これはうれしい。

H21CPU H22CPU

<CPU クーラー>

取り外すには基盤に取り付けられてあるファンを先に取り外す必要があります。

H25C

<メモリー>

スロットは 2 スロットで各スロットに PC3-8500 2GB のメモリーが装着されています。

H3M H19M

ELPIDA 製です。

H20M

<無線モジュール>

PCI Express Mini Card スロットに Broadcom 製の無線 LAN のモジュールが装着されています。

H7Wi H5Wi

H18Wi

装着されているモジュールは BCM94313HMG2L (802.11b/g/Draft 802.11n WLAN) というモジュールです。

H17Wi

Written by infra20th

2010年6月1日 @ 12:11

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。