悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for 6月 20th, 2010

My Passport Elite (WDBAAC6400ACH) 製品モニター ソフトウェアについて (Western Digital (WD) ブロガーミーティング その4)

leave a comment »


AMN (アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)

AMN イベントレポート 「ウエスタンデジタル」ブロガーミーティング~外付けHDDの活用法と新技術について考える~

My Passport Elite 本体にあらかじめバックアップ ソフトウェアが梱包されています。

WD SmartWare

この『WD SmartWare』を使用すると、パソコンに保存されているファイルを自動的に

My Passport Elite にバックアップする事ができるようになります。

My Passport Elite をパソコンに接続すると『WD SmartWare』のインストールメニュー

が起動します。

MP1 MP2

『WD SmardWare』のインストール ディスクが仮想 CD として自動的にマウントされます。

VCD

メニューの『インストール』ボタンを押しインストールを進めていきます。

MP3 MP4

MP5 MP6

ソフトウェアのインストールが終了し『バックアップに進む』ボタンを押すと

バックアップのメニューが表示されます。

『WD SmardWare』のバックアップ方法は変わっています。

ファイルやフォルダー単位のバックアップではなくドキュメントやメール、写真・ムービ

などおおまかなファイルの種類でバックアップをおこないます。

その為、バックアップしたいファイルやフォルダーの指定ができません。

バックアップしたいファイルの参照先は設定する事ができます。

初期設定ではログオンしているユーザーのライブラリを参照しているようです。

※Windows 7 の場合

参照先やバックアップするファイルの種類を変更する事も可能です。

パソコンのバックアップする領域に格納されているファイルと My Passport Elite に

バックアップされているファイルが種類ごとに表示され、種類ごとの容量の確認が

できます。

MP7 MP8

バックアップを『続行』させると『ドライブの設定』画面が表示されます。

ファイルにアクセスする為のパスワード設定などがおこなえます。

この設定は後で『WD SmardWare』の『設定』メニューからおこなう事もできます。

MP9 MP10

MP11

『WD SmardWare』のメインメニューからは各種設定や操作をおこなう事ができます。

MP12

『バックアップ』タブを選択するとファイルのバックアップを開始する事ができます。

MP13

バックアップは自動で開始されます。

パソコンのバックアップする領域に格納されているファイルを種類ごと自動的に

My Passport Elite にバックアップします。

MP40

パソコン側のバックアップする領域に格納されているファイルで My Passport Elite に

バックアップされていないファイルがあるとその容量の比率に応じて黄色く表示されます。

バックアップされ同期がとれているファイルは青く表示されます。

バックアップしたファイルは本体の『WD SmartWare.swstor』というフォルダーに格納

されていきます。

『バックアップの開始』がされているとバックアップされていないファイルがあると

自動的にバックアップされます。

MP41

バックアップしているファイルの復元は『取得』タブを選択しておこないます。

復元したいファイルの復元場所の指定をおこない、復元したいファイルを選択します。

Rcover1 Rcover2

ユーザーがお手軽にバックアップをおこなう事ができるバックアップ ソフトウェアです。

バックアップするファイルやフォルダー、バックアップ場所などバックアップするタイミング

など詳細な指定・設定をする事ができませんが、このお手軽さは便利です。

Windows 7 x64 (64ビット)でも問題無く動作しました。

設定タブを選択するとソフトウェア及び My Passport Elite 本体についての各種設定が

おこなえます。

MP15

ソフトウェアではバックアップするファイルの履歴の設定や取得するフォルダーの

設定などがおこなえます。

MP16

ドライブの設定ではセキュリティやドライブの診断、ドライブの省電力についての

設定などがおこなえます。

MP17 MP18

広告

Written by infra20th

2010年6月20日 at 13:30

My Passport Elite (WDBAAC6400ACH) 製品モニター ハードウェアについて (Western Digital (WD) ブロガーミーティング その3)

leave a comment »


AMN (アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)

AMN イベントレポート 「ウエスタンデジタル」ブロガーミーティング~外付けHDDの活用法と新技術について考える~

製品モニターをする事になった『My Passport Elite』です。

WDM2

おまけでグッズも付いてきました。

WDM3 WDM4

本体のほか、USB ドック,USB 2.0 ケーブルが添付されています。

本体の色はチャコール、プラスチック製です。

表面のマット処理が高級感を演出しています。

WDM5 WDM6

付属の USB ドックに接続する事でスマートにパソコンと接続する事ができます。

WDM7

かなりコンパクトで薄いので背広のポケットに収まります。

<カタログ表記>

大きさは:83 x 100 x 15 mm (WDH)

重さは:0.18 g

WDM8

パソコンとの接続は USB 2.0 接続です。

バスパワーで稼働します。

本体側の USB コネクターの形状がちょっと特殊です。(マイクロ USB)

USB 2.0 ケーブルのコネクターには引っかかりがあり、コネクターが抜けにくい工夫が

されています。

WDM9 WDM10

接続状況の確認や容量などの確認をインジケータでおこなえます。

これはいいです。

WDM11

パソコン本体と接続すると『WD SmartWare』という My Passport Elite 本体に

内蔵されているバックアップ ソフトウェアのインストールが可能になります。

MP1 MP2

Written by infra20th

2010年6月20日 at 07:36

カテゴリー: PC

Tagged with , , ,

HDD について (Westarn Digital (WD) ブロガーミーティング その2)

leave a comment »


AMN (アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)

AMN イベントレポート 「ウエスタンデジタル」ブロガーミーティング~外付けHDDの活用法と新技術について考える~

WD

ハードディスクは”生もの”で”消耗品”。

そうだと思います。

身の回りを見渡すと意外と HDD が内蔵されている機器は多いと思います。

パソコンやブルーレイ ・ DVD レコーダーなど。

しかし HDD に関しての認識度が低く、また壊れるものだと最初から認識して

使用している人は非常に少ないのでは。?

と澤田さんから説明。

ハードディスクは使用時間が長くなるほど故障率が高くなってきます。

その為、 HDD 内に保存されているデーターのバックアップについて意識する事も

重要だと説明がありました。

私の場合、約 1 年から 1 年半以内にハードディスクをまるごと入れ替えるように

しています。

その他に HDD の寿命は HDD 本体に及ぼす『熱』で左右する事や、HDD 機器を

選定する時気になる HDD 回転数は HDD にとっては 5,000 rpm が理想だという

話もありました。

WD の澤田さんから WD の活動について説明がありました。

Westarn Digital (WD) は

『壊れる事が前提の市場で 壊れない物を作る努力を日々おこなっている』

『日本市場で HDD の認識度を上げていく活動をおこなっていく』

と説明がありました。

今後もいろんな所でこの様ないイベントを開催する予定だそうです。

WD14

今回のイベント内で Westan Digital (WD) 製品モニターの募集もありました。

WD11 WD12

My Passport Elite (チャコール)

容量が640 GB 、USB 2.0 接続のポータブル ハードディスクドライブ ( WDBAAC6400ACH)のモニターに選定していただきました。WDM1

この製品、結構面白いんです。

Written by infra20th

2010年6月20日 at 06:02

カテゴリー: PC

Tagged with , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。