悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

KMS クライアントに変更 (Windows 7)

leave a comment »


運用の変更等で Windows 7 の認証方式を切り替える方法です。

MAK クライアントから KMS への変更や KMS クライアントから MAK への変更について。

MAK クライアントを KMS クライアントに変更する場合『slmge.vbs』を使用して以下のコマンドを実行します。

slmgr.vbs /ipk < KMS セットアップ キー>

KMS セットアップキーについてはマイクロソフトが提供している資料を参照して下さい。

Customer Hosted Volume Activation Guide ダウンロード

パソコンにプレインストールされている Windows 7 の OEM ライセンスについてです。

プレインストールされている Windows 7 の OEM ライセンスをボリューム ライセンスインストールに変換することは禁止されているそうです。

ただし、例外があるそうです。

例外の 1 つは、OEM 製品購入の 90 日以内にソフトウェアアシュアランスを購入する場合です。

他の例外は、OEM 製品のライセンスと既に購入しているボリューム ライセンス契約が同じ場合です。

この例外は、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 のみです。

この条件がそろえば Window 7 または Windows Server 2008 R2 の OEM バージョンをボリューム ライセンス バージョンに変更することができるそうです。

Volume Activation Operations Guide ダウンロード

運用の変更でライセンスの変更によって OS の再インストールなどの手間が発生する可能性がある場合は、条件を調べてみると良いかもしれません。

Written by infra20th

2010年7月8日 @ 13:17

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。