悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Office 2010 の環境をグループポリシーでカスタマイズする その1

leave a comment »


Office 2010 のグループポリシーのテンプレートファイルが配布されています。

グループポリシーを使用しテンプレートで用意されている項目を構成する事で

Office 2010 の環境を管理する事ができます。

Office 2010 Administrative Template files (ADM, ADMX/ADML) and Office Customization Tool

Office2010AdministrativeTemplates1

マイクロソフトのサイトから

Office 2010 Administrative Template files (ADM, ADMX/ADML) and Office Customization Tool

を使用している Office のバージョンにあったファイルをダウンロードします。

x86 のバージョンであれば AdminTemplates_32.exex64 のバージョンであれば AdminTemplates_64.exeとなります。バージョンにあったファイルをダウンロードしたらダウンロードしたファイルを実行させ

テンプレートファイルを展開します。

メニューに従って確認しやすい場所にファイルを展開します。

Office2010AdministrativeTemplates2 Office2010AdministrativeTemplates3

Office2010AdministrativeTemplates4

『ADM』『ADMX』『Admin』というフォルダーとドキュメントが解凍されます。

『ADM』フォルダーには従来の .ADM ポリシー テンプレート ファイルが格納されています。

『ADMX』フォルダーには .ADMX ポリシー テンプレート ファイルが格納されています。

『Admin』フォルダーには Office カスタマイズ ツールが格納されています。

このツールを使用してセットアップ カスタマイズ ファイルを作成する事ができます。

Windows 7 で従来の .ADM ポリシー テンプレート ファイルを追加してみます。

ローカル グループ ポリシー エディターを起動させます。

コマンドプロンプトで『gpedit.msc』と入力し『Enter』キーを押します。

Office2010AdministrativeTemplates5

左ペインより『管理用テンプレート』を選択して右クリックしメニューより

『テンプレートの追加と削除を選択します。

Office2010AdministrativeTemplates6

『テンプレートの追加と削除』のウィンドウが表示されます。

Office2010AdministrativeTemplates7

展開したファイルの『ADM』フォルダー内の『ja-jp』からグループポリシーのテンプレートを

選択します。

Office2010AdministrativeTemplates8 Office2010AdministrativeTemplates9

左ペインの『管理用テンプレート』内に『従来の管理テンプレート(AMD)』という項目が

コンピューターの構成及びユーザーの構成に追加されます。

Office2010AdministrativeTemplates10 Office2010AdministrativeTemplates11

グループポリシーで管理したい項目があれば項目を構成して管理します。

Office2010AdministrativeTemplates12

Written by infra20th

2010年7月20日 @ 12:48

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。