悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

スタートメニューにアプリケーションを固定する (その1)

leave a comment »


Windows 7 の機能でスタート メニューやタスク バーにアプリケーションのショートカットを表示(固定)する機能があります。

Pin1

アプリケーションを選択し右クリックのメニューに表示される項目の

『タスク バーに表示する』

『スタート メニューに表示する』

がその機能になります。

Pin2

各項目を選択すると選択した場所に『アプリケーションを固定』する事ができます。

Pin3

各場所にアプリケーションを固定するとショートカットが下記場所に作成されます。

<スタート メニューに登録した場合>

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\StartMenu

<タスク バーに登録した場合>

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar

デフォルトプロファイル作成後、スタート メニュー及びタスク バーにアプリケーションを固定したい場合、ログオンした各ユーザーが手動でおこなわなくてはなりません。

ログオン時に自動で固定したいアプリケーションを固定する作業をおこないたい場合にはどうしたらよいかを調査してみました。

まずはアプリケーションを固定した時にショートカットが作成される場所に固定したいショートカットをコピーしてみました。

結果としてショートカットをコピーしてもアプリケーションは表示されません。

この作業で各場所にアプリケーションのショートカットが表示されればデフォルトプロファイル作成後であってもログオンしたユーザーが新規にプロファイルを

作成する時に利用するプロファイルコピー元の『Default』に固定したいアプリケーションのショートカットをコピーしておけば簡単に対応できたのですがこのやり方では無理のようです。

Written by infra20th

2010年10月5日 @ 20:04

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。