悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 7 及び Windows Server 2008 R2 SP1 ベーターのアンインストール

leave a comment »


Windows Update 経由で適用した SP1 ベータのアンインストール手順です。

この環境では SP1 ベーターを適用しないと正常に追加できない役割がありました。

SP1 ベーターをアンインストールしてしまうと正しく起動しないので事前に追加した役割(Hyper-V)を削除します。

役割の削除が完了したら SP1 ベーターをアンインストールします。

コントロール パネルから『Windows Update』を選択します。

左ペインより『インストールされた更新プログラム』を選択します。

SP11 SP12

Microsoft Windows の『Microsoft Windows (KB976932) のService Pack』を選択して『アンインストール』ボタンを押します。

『更新プログラムのアンインストール』の画面が表示されます。

『はい』ボタンを押してアンインストールを実行させます。

SP13 SP14

SP15

正常にアンインストールができたら SP1 RC をインストールしました。

Windows Update 経由で適用する方法です。

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) Release Candidate (RC) のダウンロード

SP1 RC ダウンロードサイトから必要なファイルをダウンロードします。

x64 の環境であれば『WUSignUpTool_x64.exe』となります。

SP1RC1

ダウンロードが完了したらこのプログラムを実行させます。

実行が完了したら Windows Update を実行させます。

表示された更新プログラムを適用させます。

SP1RC2 SP1RC3

適用後、再度 Windows Update を実行させると『Service Pack 1 Release Candidate』が表示されます。

適用を実行します。

SP1RC4

Written by infra20th

2010年10月27日 @ 20:14

カテゴリー: Windows Server 2008 R2

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。