悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Google Upadate をグループポリシーで制御する

leave a comment »


Windows の環境でグループポリシーを使用することで Goggle Update の動作を管理することができる管理用テンプレートが Google より提供されています。

Windows の ローカル グループ ポリシー エディターなどを使用することで簡単に Google Update の動作を管理することができます。

Google Update for Enterprise

管理用テンプレートは ADM ファイルで提供されています。

ホームページより管理用テンプレートをダウンロードします。

GUE1 GUE2

ファイル名は『GoogleUpdate.adm』です。

GUE3

Windows 7 の環境で動作を確認してみます。

ローカル グループ ポリシー エディターを起動します。

GUE4 GUE5

左ペインより『コンピュータの構成』の『管理用テンプレート』を選択します。

右クリックしメニューから『テンプレートの追加と削除』を選択します。

GUE6 GUE7

『テンプレートの追加と削除』が表示されます。

『追加』ボタンを押してダウンロードした『GoogleUpdate.adm』を選択します。

選択が完了したら『閉じる』ボタンを押します。

GUE8 GUE9

左ペインの『コンピューターの構成』の『管理用テンプレート』を選択して展開します。

『従来の管理用テンプレート (ADM)』という項目が追加されていることが確認できます。

展開すると『Google』という項目が確認できます。

GUE10

『Google』を展開して項目を確認してみます。

『Google Update』ないの『Preferences』には『Google Update』の動作を制御する項目が確認できます。

『Auto-update chck preiod override』を構成することで『Google Update』の動作を制御できます。

無効にすると『Google Update』を停止することができます。

GUE11

『Applications』には制御できる複数のアプリケーションが確認できます。

例えば

『Google Earth』を選択します。

『Allow installation』と『Update policy override』という項目が確認できます。

『Update policy override』の構成を無効にすると『Google Earth』のアップデートの動作を無効にすることができます。

『Allow installation』は『Google Earth』のインストールを制御できる項目です。

構成を『無効』にしてみます

GUE14 GUE13

『Gooogle Earthe』インストールしてみるとポリシーが適用されているというメッセージが表示されインストールを進めることができません。

GUE15 GUE16

『Google Toolbar』や『Google Chrome』などの項目も確認することができます。

Written by infra20th

2011年1月25日 @ 19:38

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。