悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Adobe Reader 9 の自動アップデートをグループポリシーで制御する (その3)

with 2 comments


Adobe Reader 9 のアップデートに関する値の確認ができました。

この値をグループポリシーを使用して管理する準備をします。

グループポリシーの編集については以下のサイトなどを参考にして編集方法を確認します。

Administrative Template File Format

アドビアップデーターのレジストリ

LOCAL MACHINE

SOFTWARE\Policies\Adobe\Acrobat Reader\9.0\FeatureLockdown

“bUpdater”

アップデートを有効にするには値を「1」

アップデートを無効にするには値を「0」

上記サイトを参考にグループポリシーを編集してみましょう。

       POLICY !!アップデートの有無をチェック
            KEYNAME “SOFTWARE\Policies\Adobe\Acrobat Reader\9.0\FeatureLockdown”
            EXPLAIN !!アップデートの設定について
                VALUENAME “bUpdater”
                    VALUEON NUMERIC 1
                    VALUEOFF NUMERIC 0

Written by infra20th

2011年4月16日 @ 18:50

カテゴリー: Windows7

Tagged with , , ,

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. 有益な情報ありがとうございます。
    Webでいろいろ調べたのですが、他のページはAdobe ARM導入済みであることが
    前提となっているレジストリ情報(iCheck)ばかりで困っていました。

    オッチー

    2013年1月18日 at 14:57

    • 参考になってよかったです!
      なかなか使える手なんです。

      infra20th

      2013年1月19日 at 00:02


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。