悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

複数のリモート ディスクトップのセッションを管理する (RDCMan)

leave a comment »


パソコンで複数のリモート ディスクトップ接続をおこなう場合、接続の管理ができると非常に助かります。

そんな時にはマイクロソフトから無料で提供されている『RDCMan』を使用するとよいでしょう。

Remote Desktop Connection Manager

RDCMan manages multiple remote desktop connections.

インストールするとスタートメニューに『Remote Desktop Connection Manager』が追加されます。

RDCMan1

RDCMan2

『FILE』→『New』を選択してリモート ディスクトップを管理できるようにカテゴリーを追加します。

RDCMan3RDCMan4

サーバーの役割などでグループ分けをすることもできます。

グループを作成するには『FILE』→『Add group』を選択します。

リモート ディスクトップ接続をおこないたいサーバーを追加するには『FILE』→『Add server』を選択します。

RDCMan5RDCMan6

『Server Settings』タブで接続するサーバー名と RDCMan で表示する名前を設定することができます。

RDCMan9

『Logon Credentials』タブでログオンするユーザーを設定できます。

RDCMan8

そのほかにもリモート ディスクトップで表示させる画面の解像度などの設定をおこなうことができます。

RDCMan11

リモート ディスクトップを開始したい場合は、追加したサーバー名を右クリックしてメニューから『Connect server』を選択します。

RDCMan13

RDCMan の画面内に一台のサーバーの画面を表示させたり、複数の画面を表示させることができます。

PDCMan14PDCMan15

複数のリモート ディスクトップ接続を管理する場合には重宝します。

Written by infra20th

2011年9月7日 @ 14:32

カテゴリー: Windows Server 2008 R2

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。