悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

AMDの第二世代 APU 「Trinity」(その1)

leave a comment »


日本 AMD が主催する「APU 新製品」に関するブロガ―勉強会の様子をお伝えしましたが、この勉強会に出席すると新しくリリースされる「APU」を無償で提供していただける特典付きでした。

これはうれしい特典です。

日本 AMD が主催する「 APU 新製品」に関するブロガ―勉強会

特典には「新 APU」のほかに、対応したマザーボードが含まれていました。

さて、その「新 APU」についてご紹介したいと思います。

2012年10月2日に AMD の第二世代 APU「Trinity」(トリニティ)の「AMD A-Series」のディスクトップ版がリリースされました。

特典では最上位の「A10-5800K」を提供していただきました。

AMDのVISION A10テクノロジー

AMD A-Series アクセラレーテッド・プロセッサーのモデル・ナンバーと機能比較

A10シリーズにはストリーミング視聴のビデオをダウンロードを最適化する「AMD クイック・ストリーム」や動画の手振れ補正機能の「AMD ぴったりビデオ」などの AMD 独自の新たな機能が追加されています。

1

「APU」 (Accelerated Processing Unit) とは、グラフィックの出力の処理をおこなう「GPU」を統合した「CPU」です。

AMD の APU の第二世代になる「Trinity」はプラットフォームを一新して「Socket FM2」を採用しています。

そのため、現行の「Socket FM1」とは互換性がなくなり、動作させるには「Socket FM2」に対応したマザーボードを用意する必要があります。

新 APU の「A-10-5800K」 と対応するマザーボードの「GA-F2A85X-UP4 (rev. 1.0)」については以下のサイトにまとめてみました。

・AMDの第二世代APU(A10-5800K)

・AMDの新ソケット「FM2」に対応したマザーボード(GA-F2A85X-UP4 (rev. 1.0))

この 2 つの部品を使用して PC を組むには、そのほかに以下の部品を用意する必要があります。

・PC ケース

・電源

・メモリー

・ハードディスク

そのほかにも、ケーブルや OS をインストールするための光学ドライブなどを必要に応じて用意します。

APU を使用すると CPU に GPU 機能が内蔵されているため、画面を表示するために必要なグラフィックカードを別途用意する必要がありません。

また、もし AMD の CPU を使用した PC がある場合は、いくつかの部品を使いまわしすることができる可能性があるので確認してみるとよいでしょう。

実際に「Trinity」の価格を見てみましたが、最上位の「A-10-5800K」 は13,000円前後で購入することができます。

マザーボードも 6,000円 前後から用意されているので、リーズナブルに PC を組み上げることができます。

Written by infra20th

2012年10月9日 @ 13:23

カテゴリー: PC, Windows8, 日々のこと

Tagged with , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。