悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

AMDの第二世代 APU 「Trinity」(その5)

leave a comment »


APU (A10-5800K) で動作させている Windows 8 の環境で仮想化環境を構築することができる「Hyper-V」を使用してみました。

日本 AMD が主催する「 APU 新製品」に関するブロガ―勉強会

AMDの第二世代 APU 「Trinity」(その1)

AMDの第二世代 APU 「Trinity」(その2)

AMDの第二世代 APU 「Trinity」(その3)

AMDの第二世代 APU 「Trinity」(その4)

APU (A10-5800K) は Windows 8 の Hyper-V を動作させるための条件をみたしています。

もちろん、 Windows Server 2012 の Hyper-V を動作させることもできます。

AMD Virtualization Technology and Microsoft Hyper-V System Compatibility Check Utility

Hyper-V1

Hyper-V を使用するためには「Windows の機能の有効化または無効化」から「Hyper-V」を選択して追加します。

「Hyper-V」が追加されると「管理ツール」に「Hyper-V」の環境を管理することができる「Hyper-V マネージャー」が追加されます。

Hyper-V2Hyper-V3

Hyper-V4

最大「4」つの「仮想プロセッサ」を「仮想マシン」に割り当てることができます。

Hyper-V5

仮想マシンには「Windows 8」や「Windows Server 2012」をインストールすることができ問題なく動作しました。

Hyper-V6

Windows 7 などの OS をインストールした場合には、必ず「Hyper-V 統合サービス」のアップデートをおこないましょう。

Hyper-V7

使用している「Hyper-V 統合サービス」のバージョンの確認

新しい「Hyper-V 統合サービス」をインストールすることで WIndows 8 などの新しい「Hyper-V」の環境で効率よく動作させることができるようになります。

Hyper-V8Hyper-V9

Written by infra20th

2012年10月17日 @ 18:55

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。