悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 8 の展開の準備(Windows ADK をインストールする)

leave a comment »


WIndows 7 の環境でカスタマイズされたユーザプロファイルをデフォルトプロファイルにコピーするために必要な応答ファイル(Unattend.xml )を準備するには、

Windows AIK に含まれる『Windows システムイメージ マネージャ』を利用していました。

そのほかに、カスタマイズされた Windows PE を作成する場合には、同じく Windows AIK に含まれる『Deployment ツールのコマンドプロンプト』を利用していました。

このツール群を提供していた Windows AIK は Windows 8 に対応して『Windows ADK (Windows アセスメント & デプロイメント キット)(Windows Assessment and Deployment Kit)』と名称を変えて提供が開始されています。

ダウンロード:Windows 8 用 Windows アセスメント & デプロイメント キット

ダウンロードした『adksetup.exe』はオンラインインストーラーです。

実行させると必要なファイルをインターネット上からダウンロードしてインストールが開始されます。

セットアップに必要なファイルをダウンロードして、あとからインストールすることもできます。

ADK1ADK2

ファイルをダウンロードして保存するには、インストールを開始したメニューの『場所の指定』画面で『個別のコンピューターにインストールするために アセスメント&デプロイメントキットをダウンロードします』ラジオボタンをオンにして『ダウンロードパス』を指定します。

ADK3ADK4

セットアップはメニューにしたがって進めていきます。

ADK5ADK6

ADK7

ダウンロードが完了すると指定したフォルダにインストールに必要なファイルがダウンロードされます。

『Windows ADK』をローカルにダウンロードされたファイルを使用してインストールをするには、ダウンロードしたファイルに含まれている『sdksetup.exe』を実行します。

ADK8

ADK9ADK10

『インストールをおこなう機能を選択してください』画面でインストールする機能を選択します。

『WIndows システムイメージマネージャ』や『Windows PE』など必要最低限の機能をインストールしたい場合には『Deployment Tools』と『Windows Preinstallation Enviroment (Windows PE) をインストールするとよいでしょう。

ADK11ADK12

ADK13ADK14

ADK15

『Windows ADK』に含まれているツール群は『すべてのプログラム』の『Windows Kits』に表示されます。

ADK16

『Windows SIM』などは『Windows ADK』に表示されます。

『Deployment ツールのコマンドプロンプト』は名称が変わって『展開およびイメージング ツール環境』として提供されています。

『WIndows ADK』には『ボリュームライセンス認証管理ツール(VAMT)やユーザー状態移行ツール(USMT)などの機能のほかに以下の機能が含まれています。

・Application Compatibility Toolkit (ACT)

・展開ツール

・Windows パフォーマンスツールキット(WPT)

・Windows アセスメントサービス

・Windows プレインストール環境(Windows PE)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。