悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows ADKを使用してカスタマイズしたWindows PE4.0を作成する(その2)(ドライバの追加)

leave a comment »


Windows PE 4.0 がカスタマイズできる準備が整ったらカスタマイズをおこないます。

Windpws PE 4.0 には一般的なハードウェアの汎用ドライバーが標準で用意されています。

しかし、動作させる PC によって特定のドライバーが必要となる場合があります。

そのような場合には、[Dism /Add-Drive] コマンドを使用してデバイスドライバーを追加します。

ネットワークカードのドライバーなどがよく必要とされるドライバーだと思います。

ドライバーを追加する準備をすすめます。

今回は 64 ビット用のネットワークカードのドライバーを用意しましょう。

Intel や Realtek などのホームページから、ネットワークカードのドライバをダウンロードします。

Intel のネットワークドライバはダウンロードした実行ファイルの [PROWinx64.exe] を実行させると以下のフォルダーにデバイスの情報が含まれている [inf] ファイルが解凍されます。

[%localappdata%\Temp\RarSFX0]

ギガビット対応のネットワークカードの情報は

[%localappdata%\Temp\RarSFX0\PRO1000\Winx64\NDIS62]

に含まれます。

フォルダーごとファイルをコピーするとよいでしょう。

ダウンロードしたドライバーをわかりやすいフォルダーに保存します。

今回は C ドライブの [Drive] フォルダーにメーカーごとに作成したフォルダに保存しました。

PE8

[C:\Driver\IntelNIC] に保存されているドライバーを追加する場合は、以下のコマンドを実行させます。

[Dism /image:C:\winpe_x64\mount /Add-Driver /Driver:c:\Driver\IntelNIC]

PE9PE10

必要なドライバーを追加していきましょう。

Written by infra20th

2013年1月11日 @ 15:24

カテゴリー: Tools, Windows8

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。