悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Start Layout Fileポリシーで使用することができるLayout.xmlを作成する

leave a comment »


Preview 版で提供されている Windows 8.1 および Windows Server 2012 では[Start Screen Layout] ポリシーを使用して、カスタマイズされたスタート画面を展開することができます。

Layout.xmlを使用してカスタマイズしたスタート画面を展開する

ローカルのグループポリシーやドメインのグループポリシーを使用することで、簡単にカスタマイズされたスタート画面を展開することができます。

[Start Screen Layout] ポリシーで設定することができるスタート画面のレイアウト情報が記述されている[Layout.xml]は、Windows PowerShell を使用することで簡単に作成することができます。

[Layout.xml]を作成するコマンドは、Windows 8.1 および Windows Server 2012 に搭載されているバージョンの Windows PowerShell で実行する必要があります。

スタート画面をカスタマイズしたユーザーで Windows PowerShell を起動させて以下のコマンドを実行させます。

コマンド:[export-startlayout -path layout.xml -as xml]

Layout1

コマンドを実行させたカレントドライブに[layout.xml]が作成されます。

Layout2

[.xml]ファイルのほかに[.bin]ファイルも作成することができます。

Written by infra20th

2013年8月1日 @ 16:15

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。