悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

無線で快適、家中どこでも充実したテレビライフ。(UN-JL10T2:設定編)

leave a comment »


ハードディスクレコーダーに放送のケーブルの接続や miniB-CAS カードの挿入が完了したら、付属のモニターを使用するための設定を開始してみます。

付属しているマニュアルを参考にしながら設定を進めていきます。

付属のモニターに AC アダプターに接続して事前にバッテリーの充電しておくとよいでしょう。

モニターとハードディスクレコーダーを接続するための設定は簡単です。

モニターの電源を入れてハードディスクレコーダーの電源を入れます。

ハードディスクレコーダーのリンクボタンを 5 秒以上押すと電源ランプが点滅を始めます。

モニターに表示された[接続開始]をタッチします。

無線で接続が開始されてモニターとハードディスクレコーダーの接続が完了します。

IMGP7152IMGP7155

IMGP7157IMGP7158

続いて表示された指示にしたがってチャンネルの設定をおこないます。

地上デジタル放送以外に BS・CS デジタル放送を受信するためのケーブルが接続されている場合は、衛星放送の設定もあわせておこないます。

IMGP7160IMGP7162

設定が完了すると、テレビの視聴や録画などの操作を選択するための[ホーム]画面が表示されます。

付属のモニターでテレビの視聴や録画したテレビの再生などをおこないたい場合は、この[ホーム]画面をタッチしておこなうことになります。

[ホーム]画面の上部には[お知らせ]なども表示されるようです。

IMGP7165

最新のソフトウェアがあるとお知らせが表示されていたので、更新をおこなってみたいと思います。

[ホーム]画面の右下に表示されている[設定する]をタッチします。

IMGP7171

[設定]画面ではネットワークの設定や無線で送信される映像品質の設定などをおこなうことができます。

IMGP7166IMGP7169

ソフトウェアの更新は[その他の設定]からおこないます。

IMGP7173

更新をおこなうと、ソフトウェアが[1.10]の更新されました。

IMGP7176

設定はタッチで表示される指示にしたがっておこなうだけなので簡単です。

機械の操作が苦手な方でも直感的に操作することができるのではないでしょうか。

Fans:Fans

Written by infra20th

2013年9月1日 @ 19:20

カテゴリー: 日々のこと

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。