悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

たまにはゆったりとした時間を過ごすのもよいものです。深川森下「みの家」さくら鍋

leave a comment »


時には、都会のざわめきを離れてゆったりとした時間を過ごすのもいいものです。

そこで、深川、森下にあるさくら鍋を楽しむことができる「みの家」に行ってきました。

最寄駅は地下鉄都営新宿線・大江戸線の「森下」になります。

地図:みの家(さくら鍋)

さくら鍋は、八丁味噌と江戸味噌をあわせた味噌だれと醤油ベースの割下で馬肉を煮る関東風のすき焼きです。

馬肉(さくら肉)のほかに、ざく(ねぎ)・白滝・お麩がはいります。

さくら肉にはロース肉とヒレ肉があり、ロースはしっかりとした食感と味わいがあり、やわらかい食感が好きな人はヒレ肉がよいと思います。

店内にはステンレス製の長机が 2 列並んでいて、複数で訪れた場合には向かい合って座ります。

IMGP7336

大勢のお客さんでにぎわっている光景はなかなか面白いです。

今回はさくら鍋のロースとヒレをたのんでみました。

火を入れたらすぐに味噌だれをといて、さくら肉をほぐしながらまぜてなじませます。

すぐに煮立ってくるので、ざく・白滝・お麩を入れてさらに煮ます。

iVIS mini で撮影した動画(桜なべをつくる)

さくら肉は色が変わったら食べごろです。

お肉はくせがなく、味噌だれも見た目ほどに濃くなくあっさりとしています。

また、味噌だれのしみたざくやお麩がたまりません。

味噌だれが煮詰まってきたら割下をたします。

濃割と薄割が用意されているので、濃割 3 :薄割 1 の割合で鍋の高さの 1/3 程度ひたします。

iVIS mini で撮影した動画(桜なべのできあがり)

しめに、ご飯を鍋に入れて、残った卵をかけていただきました。

iVIS mini で撮影した動画(桜なべのしめは雑炊)

ゆったりとした、いい時間を過ごすことができました。

次回は、肉さし(馬肉刺身)をつつきながら一杯やりたいです。

IMGP7346IMGP7344
Fans:Fans

Written by infra20th

2013年9月15日 @ 09:20

カテゴリー: , 日々のこと

Tagged with , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。