悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

OS X MavericksのBoot CampでWindows 8.1をVHDブートさせる(Windowsのインストール)

leave a comment »


再起動後、USB フラッシュメモリーに作成したインストールディスクから Windows のインストールが起動します。

Inst1

今回は Windows を VHD ブートさせて使用するので DiskPart コマンドラインユーティリティを使用して作業をすすめていきます。

[Windows セットアップ]画面が表示されたら[Shift]+[F10]を押してコマンドプロンプトを起動させたら DiskPart コマンドラインユーティリティを起動させます。

Inst2Inst3

ディスクの状況を確認してみます。

URL:DiskPartコマンドラインユーティリティでディスクを管理する

URL:VHDX形式の仮想ハードディスクを作成する

URL:PCでVHDブートを使用して複数のOSを起動させる

Windows 用のパーティションが[Partition 4]として作成されていてすでにボリュームが作成されていることが確認できます。

コマンド:list volume

今回の環境では、ボリュームは[Volume 0]で[D]ドライブとして構成されています。

[C]ドライブはインストールディスクの USB フラッシュメモリーです。

DP1DP2

ボリュームはフォーマットされていないので、[Volume 0]にフォーカスを設定したらフォーマットを実行します。

コマンド:select volume 0

ファイルシステムは[NTFS]でボリュームラベルを[BOOTCAMP]を設定してクイックフォーマットを実行します。

また、ファイルシステムのマウントを解除したのちにコマンドを実行することができる、[override]オプションを使用します。

コマンド:format fs=ntfs label=”BOOTCAMP” quick override

DP3

フォーマットが完了したら、[D]ドライブに Windows をインストールするための仮想ハードディスクを作成します。

DP4

仮想ハードディスクの作成が完了したら、作成したら接続して Windows のインストールをすすめます。

今回の作業ではサイズが[40.0GB]の[ドライブ 2 の割り当てられていない領域]になります。

DP5DP6

Windows のインストールが完了してログオンするとハードウェアのドライバーなどをインストールする[Boot Camp インストーラー]が起動するのでインストールをすすめます。

DP7

インストールが完了して再起動させると Mac で Windows を使用することができるようになります。

[Boot Camp インストーラー]をインストール前に[Ctrl]+[Alt]+[Del]などの特殊キーを使用する場合には、

[スクリーンキーボード]を使用するとよいでしょう。

DP8

Written by infra20th

2013年10月29日 @ 12:29

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。