悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 7で仮想CD-ROMドライブを使用する

leave a comment »


Windows 8.1 や Windows 8 では標準の機能でディスクイメージの ISO ファイルを自動的にマウントすることができます。

マウントされた ISO ファイルは、仮想的なドライブとして割り当てられてイメージファイルの内容を読み取ることができます。

Windows 7 では標準で ISO ファイルをマウントする機能がありません。

ISO ファイルをマウントしたい場合には、マイクロソフトが提供している[Virtual CD-ROM Control Panel]をしようするとよいでしょう。

URL:Virtual CD-ROM Control Panel

保存したら実行させて適当な場所にファイルを解凍します。

vcdrom1

解凍されたファイルのうちの[VCdRom.sys]を以下のフォルダーにコピーします。

[%Systemroot%\system32\drivers]

[VCdControlTool.exe]を起動させると[Virtual CDRom Control Panel]が起動します。

vcdrom2

[Drive Control]をクリックして表示された画面で[InstallDriver]をクリックして[VCdRom.sys]を指定したら、[Start]をクリックしたのちに[OK]をクリックします。

vcdrom3

[Add Drive]で仮想ドライブを追加して[Mount]で ISO ファイルを選択してマウントさせることができます。

Windows 7 の 64 ビット版では残念なことに動作しませんでした。

Written by infra20th

2013年11月11日 @ 16:28

カテゴリー: Windows7

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。