悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

ホット&クール dyson AM05 をつかってみました

leave a comment »


ダイソンから Dyson Hot + Cool™ ファンヒーター AM05 のモニター機をお借りすることができたので、実際に使用してみました。

URL:最新ファンヒーターを体感しよう!ダイソン新製品体験イベント&モニター開催決定

思ったより小型で軽い印象です。

本体の重量は 2.38 g で寸法が 579 x 200 x 200 mm (高さ x 幅 x 奥行き)になります。

吸気口は本体下側にあり、エアマルチプライヤー技術でスリット状の開口部を通過して周囲の空気を巻き込みながら送る仕組みです。

最大消費電力は 42W (扇風機モード)、1,200W (ヒーターモード)です。

AM051AM052

操作ボタンは本体下側にあります。

コンセントのプラグは小型で干渉しづらいデザインです。

AM053AM054

設定した温度や風量を表示するパネルも本体の下側にあります。

操作ボタンは[電源]、[風量]、[温度]のほかに[首振り機能]があります。

本体の向きは、首振り機能のほかに前後 10° の上下角度調節をおこなうことができます。

風量は 10 段階の調整ができて、温度は 0 ~ 37° の調整が可能です。

首振りの角度は約 70° になります。

AM055AM056

URL:Dyson Hot + Cool™ ファンヒーター AM05 使用風景

本体の上部にマグネットで取り付けることができるリモコンが添付されています。

AM057

URL:Dyson Hot + Cool™ ファンヒーター AM05 首振り機能を使用

マニュアルは読みやすいデザインです。

メーカー保証は 2 年です。

AM058AM059

コンパクトでかるいので、好きな場所に簡単に移動させることができます。

風もパワーがあり、広範囲をすばやく暖めることができます。

1 ~ 2 m ぐらいの範囲であれば、風量は最小の 1 で十分でした。

首振り機能があるので、スポットで温めることができるので使い勝手がよいと思います。
Fans:Fans

Written by infra20th

2013年11月24日 @ 14:02

カテゴリー: 日々のこと

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。