悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 8で移動ユーザープロファイルの場所.v2を.v3に変更する

leave a comment »


Windows 7 でユーザーが使用する移動ユーザープロファイルの場所を指定する場合には、既定のプロファイルがコピーされたフォルダーの末尾に[.v2]と記載する必要があります。

URL:Creating a Mandatory User Profile

Windows 8 と Windows 7 ではユーザープロファイルに互換がないため相互で運用することができません。

Windows 8 に以下のサイトからダウンロードすることができる更新プログラムを適用することで、移動ユーザープロファイルの場所[.v2]を[.v3]に変更することができるようになります。

URL:Incompatibility between Windows 8 roaming user profiles and roaming profiles in other versions of Windows

更新プログラムは 32 ビットと 64 ビットが用意されています。

32 ビット版

Windows8-RT-KB2887239-x86.msu

64 ビット版

Windows8-RT-KB2887239-x64.msu

更新プログラムを適用したら、以下のレジストリ値を設定します。

場所:[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlset\Services\ProfSvc\Parameters]

レジストリキー:DWORD(32ビット)値[UseProfilePathExtensionVersion]

値のデータを [0]以外に設定します。

すると、Windows 8 で[.v3]を移動プロファイルの場所として使用することができるようになります。

Profile1

Profile2

Windows 8.1 は、2013 年 11 月に提供が開始された更新プログラムのロールアップを適用することで対応することができます。

Windows 8.1 では、[.v4]を移動プロファイルの場所として使用することができるようになります。

URL:Incompatibility between Windows 8.1 roaming user profiles and those in earlier versions of Windows

更新プログラムのロールアップは Windows Update 経由で適用することが可能です。

URL:Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ (2013 年 11 月)

Written by infra20th

2014年1月26日 @ 21:12

カテゴリー: Windows8, Windows8.1

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。