悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

GALAXY S5 SCL23 をさわってみました

leave a comment »


GALAXY アンバサダープログラムで募集がおこなわれていた「GALAXY アンバサダータッチ&トライイベント!」でお借りした au GALAXY S5 SCL23 をさわってみました。

URL:GALAXY アンバサダープログラム

g1g2

docomo からも夏モデルとしてリリースが開始されたサムスン電子の GALAXY シリーズの最新モデルになります。

今回のシリーズからあらたに防水・防塵に対応しています。

本体前面の上部には受話口のほかに、顔などの接近や周囲の明るさを検知するための近接・照度・ジェスチャーセンサーと有効画素数が約 210 万画素の内蔵カメラが確認することができます。

下部にはホームキーとして利用するハードウェアキーがあります。

ホームキーには指紋センサーが内蔵されているので、指紋認証に使用します。

g3g4

背面の上部には約 1600 万画素のカメラに専用のアプリケーションで心拍数を測定することができる心拍センサーとライトが確認できます。

スピーカーは下部に搭載されていて、NFC・Felica アンテナが内蔵されています。

g5g6

本体右側には電源・画面ロックキーと卓上ホルダ用の充電端子、左側には音量とシャッターキーが配置されています。

g7g8

下部には microUSB 接続端子と通話口(マイク)、上部にはヘッドセット端子とリモコン発光部があります。

GPS や Wi-Fi、Bluetooth などのアンテナ類は上部に内蔵されています。

g9g10

g11

防水および防塵に対応していますが、背面カバーは取り外すことができて、電池パックを取り換えることができます。

g12g13

g14

サイズは約 73 mm × 142 mm × 8.3 mm (幅 × 高さ × 厚さ)で最厚部は約 9.8 mm 、質量は電池パックを含めて約 147 g です。

薄く防水・防塵に対応しているにもかかわらず、背面カバーを取り外して電池パックを取り換えることができるのはうれしいですね。

排熱の対策もきちんと考えられて設計されているこだわりもあるそうです。

約 5.1 インチ、1920 × 1080 ドットのディスプレイを搭載しています。

URL:au GALAXY S5 SCL23 を起動

Written by infra20th

2014年6月4日 @ 12:24

カテゴリー: 日々のこと

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。