悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

ドラゴンスピーチ11をつかってみる

leave a comment »


Fans:Fans で募集をしていた音声認識・音声入力ソフト ドラゴンスピーチ のイベントで提供していただいたドラゴンスピーチ 11 日本語版を Windows 8 PC で使用してみました。

世界シェアNo.1の音声認識・音声入力ソフト「ドラゴンスピーチ11」ブロガーミーティング

新聞記事や小説などを読み上げて文字を入力することは、イベントでデモ機で操作してみてある程度のことができることがわかっていたので、仕事で使う専門用語を入力できるように準備をおこなってみたいと思います。

単語の追加は[Dragonバー]からおこないます。

メニューの[ボキャブラリ]→[新単語の追加]を選択します。

t1t2

すると[単語の追加]が表示されます。

[ボキャブラリに追加する単語を1文字づつつづる、またはキー入力する]に登録したい単語を入力します。

今回は[Windows SIM]をいう単語を登録します。

[音声(カタカナ)]にはカタカナで読み上げ方を入力します。

[ウィンシム]と音声入力をおこなうことで入力するように設定をしたいと思います。

[単語発音のトレーニングをする]チェックボックスをオンにして[追加]をクリックするとマイクを使ってトレーニングをおこなったのちに単語を追加することができます。

[トレーニング]とは、使用する人の声を認識できるようにPCに学習させる処理のことをいいます。

t3t4

単語の追加が完了すると、登録した読み方をマイクで読み上げることで新しい単語が入力されるようになります。

追加した単語は[ボキャブラリエディタ]で表示方法を[カスタマイズされた単語のみ]にすることで一覧表示させて確認することができます。

t5

あらたに登録した単語を音声を使って実際に入力してみました。

音声入力を開始させたい場合には、完全に停止している場合には[Dragonバー]左側の赤くなっているマイクのアイコンをクリックします。

音声入力が開始されるとアイコンがグリーンに変わります。

一時停止させたい場合には[認識停止]、再開したい場合には[認識再開]と読み上げます。

URL:ドラゴンスピーチ11日本語版で技術文章を書いてみた

文章の中で、[Windows 7]や[deployment]などの単語は標準で登録されている単語なので、意識することなく入力することができました。

操作で手間取ったことは、PC を操作するためにあらかじめ登録されている単語を読み上げると、文字入力ではなく PC を操作してしまうことです。

例えば、[Windows]と読み上げると Windows 8 ではスタート画面が表示されてしまったり、コピーと読み上げるとテキストのコピーが実行されてしまいます。

読み上げるときにコツを覚えることで自分のおこないたい操作をおこなえるようになりますが、見つけ出すまでがひと苦労です。

読み上げの認識をあげたい場合には、[基本トレーニング]をおこなってみるとよいでしょう。

いくつか用意された文章を読み上げることで、音声認識の精度をあげることができます。

t6t7

インストールしてすぐにはそれなりの精度の入力しかできませんが、トレーニングをおこない単語を追加することで思ったとおりの動作に近づいてくれます。

精度の高い入力をおこないたい場合には、根気強くチューニングをおこなうことが重要になりそうです。
Fans:Fans

Written by infra20th

2014年6月7日 @ 14:19

カテゴリー: 日々のこと

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。