悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 8.1 Updateに対応したカスタマイズしたWindows PE 5.1を用意する(その2)

leave a comment »


Windows PE には、ネットワーク、グラフィックス、大容量記憶装置などのさまざまな汎用的ドライバーがあらかじめ含まれています。

しかしながら、動作させる PC によっては特定のドライバーが必要となる場合があります。

インストールするために再起動が必要なドライバーは、あらかじめ Windows PE のイメージに追加するとよいでしょう。

DISM ドライバーサービスコマンドラインオプションを使用すると、Windows PE イメージに INF ファイルに基づいたドライバーの追加や削除をおこなうことができます。

DISM コマンドの[Add-Driver]ドライバーサービスオプションを使用します。

64 ビットの Windows PE 5.1 を作成しているので、追加するドライバーは 64 ビットに対応したものを用意します。

Intel のネットワークドライバーの追加をおこなってみます。

Intel の Web サイトからドライバーをダウンロードして適当な場所に保存します。

今回は以下のフォルダーに INF ファイルを保存します。

フォルダー:[C:\Driver\Intel\LAN]

ダウンロードした[PROWinx64.exe]は、拡張子を[zip]に変更すると圧縮(zip形式)フォルダーとして取り扱うことができます。

圧縮フォルダー内の[PRO1000]に保存されているすべてのファイルを INF ファイルを保存したい場所にコピーします。

driver1driver2

ドライバーを追加するために、[展開およびイメージングツール環境]のコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行させます。

コマンド:[Dism /image:C:\WinPE_x64\mount /Add-Driver /Driver:C:\Driver\Intel\LAN\NDIS62]

driver3

同様の手順でその他のメーカーのドライバーを追加していきます。

Intel のチップセットを追加したい場合には、ダウンロードした[SetupChipset.exe]にオプションを使用してファイルを展開します。

コマンド:[SetupChipset.exe -extract C:\Driver\Intel\Inf]

[Get-Drivers]ドライバーサービスオプションを使用すると、追加したドライバーパッケージを確認することができます。

コマンド:[Dism /Get-Drivers /Image:"C:\WinPE_x64\mount"]

driver4

ドライバーの一覧が表示されたら、追加したドライバーパッケージが含まれていることを確認します。

Written by infra20th

2014年7月10日 @ 11:16

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。