悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

TFTPD 64でWindows PE 5.1を配信するために設定が必要な項目

leave a comment »


TFTPD 64 を使用する準備が整ったら Windows PE 5.1 をネットワークに配信することができるように必要な設定をおこないます。

Windows 8.1 Update で Windows ファイアウォールが有効になっている環境で使用したい場合には、事前に適切な設定をおこないましょう。

[tftpd64.exe]を実行して TFTPD 64 を起動させます。

今回の環境では[Current Directory]は[C:\tftpf64\PXE]になります。

[Server interfaces]では Windows PE 5.1 の配信をおこなう LAN のインターフェースを選択します。

tftpd1

[Settings]をクリックして TFTPD64 の設定をおこないます。

tftpd2

[GLOBAL]タブで使用するサービスを選択します。

今回は、[TFTP Server]と[DHCP]のみ選択します。

tftpd3

[TFTP]タブの[Advanced TFTP Options]では、デフォルトで設定されている[Option negotiation][Show Progress bar]と[Translate Unix file name]以外に[Allow ‘\’ As virtual root]チェックボックスをオンにします。

[Base Directory]には TDTPD 64 を保存したディレクトリーの[C:\tftpd64]にあらたに[PXE]フォルダーを作成して設定します。

[PXE]フォルダーには Windows PE 5.1 を PXE ブートさせるために必要なファイルを保存することになります。

[Use anticipation window of xxx bytes]では転送スピードを調整することができます。

チェックボックスをオンにして環境にあった適切な数値を指定します。

例えば、[4096]や[8192]、[40960]など。

環境によっては転送が失敗したり、速度が落ちることがあるので事前に転送テストをおこなうとよいでしょう。

tftpd4

[DHCP]タブで使用するネットワーク環境にあわせた DHCP サーバーの設定をおこないます。

[DHCP Pool definition]では

  • [IP pool start address]:配布する IP アドレスの開始アドレスを指定
  • [Size of pool]:配布する IP アドレスの数
  • [Boot File]:BIOS 環境の PC で PXE ブートさせる場合には[pxeboot.n12]を指定する

[DHCP Option]

  • Def. router (Opt 3):デフォルトゲートウェイを指定する(設定しないとTFTPD 64 の設定が完了しない)
  • Mask (Opt 1): サブネットマスク

PXE ブートをおこなうクライアントが DHCP サーバーに接続しない場合には、標準でオンになっている以下の設定をオフにすると環境によっては接続できるようになります。

[DHCP Settings]

  • Ping address before assignation
  • Persistant leases

tftpd5

設定が完了したら[OK]をクリックします。

設定した値は TFTPD 64 を保存したフォルダーにある[tftpd32.ini]に記述され保存されます。

Written by infra20th

2014年7月18日 @ 17:14

カテゴリー: Tools

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。