悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows Technical Previewの新しいビルドのインストールメディアを作成する

leave a comment »


Windows Technical Preview の新しいビルドは Windows Update もしくは[PC settings]の[Preview builds]から適用することができます。

Windows Technical Preview のダウンロード Web サイトでは、初期のビルド 9841 のインストールメディアが提供されています。

最新のビルドにする場合には、初期ビルドの 9841 をインストールしたのちに、最新のビルドを適用することになります。

そこで、最新ビルドにするために使用した[Install.esd]を使用して新しいビルドの Windows Technical Preview をインストールすることができるインストールメディアを作成してみます。

ただし、ビルド 9841 から 9860 にアップデートした場合にのみおこなうことができる作業となります。

使用する[Install.esd]は、ビルド 9841 から 9860 にアップデートした場合にのみ作成されるようです。

環境によって変化があるのかもしれませんが、Hyper-Vの仮想マシンを使用してビルド 9841 および 9860 からビルド 9879 にアップデートした場合には[Install.esd]が保存されていませんでした。

そのため、作成することができるインストールメディアのビルドは 9860 になります。

作業をすすめるために必要なイメージファイルの[Install.esd]が保存されていることを確認します。

作業はビルド 9841 から 9860 にアップデートして最新のビルド 9879 にアップデートした PC でおこないました。

[Install.esd]は以下のフォルダーに保存されています。

フォルダー:[C:\RecoveryImage]

IM1

[Install.esd]をフォルダーに展開してインストールメディアを作成する準備をします。

まず、ファイルを展開するフォルダを作成して作業をすすめます。

展開先フォルダー:[C:\Temp\WTP\ESD]

コマンドの実行は管理者モードで実行させたコマンドプロンプトからおこないます。

スタートボタンを右クリックして表示されるメニューから[Command Prompt(Admin)]を選択してコマンドプロンプトを起動します。

comm1

コマンド:[Dism /Apply-Image /ImageFile:C:\RecoveryImage\Install.esd /Index=1 /ApplyDir:C:\Temp\WTP\ESD]

IM2IM3

展開されたファイルを使用してインストールメディアの作成をすすめていきますが、メディアをブートさせるために必要な[boot.wim]や Windows のインストールに必要な[install.wim]などのファイルが用意されていません。

IM4

[boot.wim]と[install.wim]は[Install.esd]と[DISM]コマンドを使用して作成することができます。

Windows Technical Preview であれば、標準で[DISM]コマンドを使用することができます。

[Install.esd]展開したフォルダーに新たに[boot.wim]と[install.wim]を作成してみます。

以下の作業用のフォルダーを作成して作業をすすめていきます。

フォルダー:[C:\Temp\WTP\tmp]

まず最初にインストールディスクを起動させるために必要な[boot.wim]を作成します。

[Install.esd]のイメージの情報を確認します。

コマンド:[Dism /Get-WimInfo /WimFile:C:\RecoveryImage\install.esd]

IM5

表示させた情報から、起動に必要なイメージが[Index:2]と[Index:3]ということがわかります。

必要なイメージを[boot.wim]を作成して追加していきます。

コマンド:Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\Temp\WTP\ESD\sources\boot.wim /CaptureDir:C:\Temp\WTP\tmp /Name:tmp /Compress:max

コマンド:Dism /Export-Image /SourceImageFile:C:\RecoveryImage\Install.esd /SourceIndex:2 /DestinationImageFile:C:\Temp\WTP\ESD\sources\boot.wim /Compress:Recovery /Bootable

IM6IM7

IM8

作成した[boot.wim]の不要なインデックスを削除します。

あわせて[Index:3]のイメージを追加します。

コマンド:Dism /Delete-Image /ImageFile:C:\Temp\WTP\ESD\sources\boot.wim /Index:1

コマンド:Dism /Export-Image /SourceImageFile:C:\RecoveryImage\Install.esd /SourceIndex:3 /DestinationImageFile:C:\Temp\WTP\ESD\sources\boot.wim /Compress:Recovery /Bootable

IM9

これでインストールディスクを起動させるために必要な[boot.wim]が作成できました。

次に、ビルド 9860 をインストールするために必要な[install.wim]を作成します。

[Install.esd]のイメージの情報から[index:4]が Windows Technical Preview のインストールイメージだということがわかります。

同様の手順で[install.wim]の作成をすすめます。

コマンド:Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\Temp\WTP\ESD\sources\Install.wim /CaptureDir:C:\Temp\WTP\tmp /Name:tmp /Compress:Maximum

コマンド:Dism /Export-Image /SourceImageFile:C:\RecoveryImage\Install.esd /SourceIndex:4 /DestinationImageFile:C:\Temp\WTP\ESD\sources\install.wim /Compress:recovery

コマンド:Dism /Delete-Image /ImageFile:C:\Temp\WTP\ESD\sources\install.wim /Index:1

IM10IM11

イメージファイルの作成が完了したら、フォルダーに保存されているファイルをブート可能な ISO ファイルに変換します。

Windows ADK がインストールされている PC があれば、[Makewinpemedia]コマンドを使用して作成することができます。

URL:Windows 8.1 Updateに対応したカスタマイズしたWindows PE 5.1を用意する(その6)

URL:Windows Technical Preview Build 9860のインストールメディアを作成する

Written by infra20th

2014年11月18日 @ 10:50

カテゴリー: Windows10

Tagged with , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。