悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 10 Insider Preview Build 10565のインストールメディアを作成する

leave a comment »


Windows 10 の Windows Update で、[詳細オプション]の[Insider ビルドの入手]が有効でかつ入手方法が[Fast]に設定されている Insider プレビュー参加のユーザーに対して[Build 10565]の提供が開始されました。

[Build 10565]のインストールメディアの提供は開始されていませんが、アップグレードで使用された[Install.esd]を使用して作成することができます。

ESD1

Windows 10 のインストールメディアを使用してクリーンインストールされた環境では、[Install.esd]は[C:\$WINDOWS.~BT\Sources\]に保存されます。

[Install.esd]保存先フォルダー:[C:\$WINDOWS.~BT\Sources\]

[.esd]ファイルからインストールメディアを作成するには、Windows 10 に標準で備わっている[DISM]コマンドを使用します。

URL:Install.esdからWindows 10 Insider Previewのインストールメディアを作成する

URL:Windows Technical Previewの新しいビルドのインストールメディアを作成する

[Install.esd]が確認できたら、管理者で実行されたコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

作業を開始する前に、以下のフォルダーを事前に作成したうえで進めていきます。

[.esd]ファイルの展開用フォルダー:[C:\Temp\WIP\ESD]

作業用一時フォルダー:[C:\Temp\tmp]

[Install.esd]を展開用フォルダーにファイルを展開します。

コマンド:[Dism /Apply-Image /ImageFile:C:\$WINDOWS.~BT\Sources\Install.esd /Index=1 /ApplyDir:C:\Temp\WIP\ESD]

ESD2ESD3

展開されたファイルには、[boot.wim]や[install.wim]が用意されていないので[Install.esd]を使用して作成します。

以下のコマンドを実行して[Install.esd]の構成を確認します。

コマンド:[Dism /Get-WimInfo /WimFile:C:\$WINDOWS.~BT\Sources\Install.esd]

ESD4

[boot.wim]は[Index:2]および[Index:3]、[install.wim]は[Index:4]から作成できることが確認できます。

[boot.wim]を作成するには以下のコマンドを実行します。

コマンド:[Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\boot.wim /CaptureDir:C:\Temp\tmp /Name:tmp /Compress:max]

コマンド:[Dism /Export-Image /SourceImageFile:C:\$WINDOWS.~BT\Sources\Install.esd /SourceIndex:2 /DestinationImageFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\boot.wim /Compress:Recovery /Bootable]

作成された[boot.wim]の構成を確認して不要なインデックスを削除します。

コマンド:[Dism /Get-WimInfo /WimFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\boot.wim]

コマンド:[Dism /Delete-Image /ImageFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\boot.wim /Index:1]

ESD5ESD6

コマンド:[Dism /Export-Image /SourceImageFile:C:\$WINDOWS.~BT\Sources\Install.esd /SourceIndex:3 /DestinationImageFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\boot.wim /Compress:Recovery /Bootable]

ESD7

引き続き[install.wim]を作成します。

コマンド:[Dism /Capture-Image /ImageFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\Install.wim /CaptureDir:C:\Temp\tmp /Name:tmp /Compress:Maximum]

コマンド:[Dism /Export-Image /SourceImageFile:C:\$WINDOWS.~BT\Sources\Install.esd /SourceIndex:4 /DestinationImageFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\install.wim /Compress:recovery]

コマンド:[Dism /Delete-Image /ImageFile:C:\Temp\WIP\ESD\sources\install.wim /Index:1]

ESD8ESD9

ファイルの作成が完了したら[C:\Temp\WIP\ESD]に作成されたファイルを[.iso]に変換します。

Windows ADK がインストールされている環境では[MakeWinPEMedia]コマンドを使用して作成することができます。

URL:Windows 8.1 Updateに対応したカスタマイズしたWindows PE 5.1を用意する(その6)

[C:\x64]に Windows PE のイメージファイルを展開している環境では、[media]に作成されたファイルを保存して以下のコマンドを実行させると[.iso]ファイルが作成されます。

すでに作成されている[media]の名前を変更したら新たに[media]を作成してファイルを保存します。

コマンド:[MakeWinPEMedia /iso C:\x64 C:\x64\W10EnterpriseIPBuild10565.iso]

iso1iso2

Written by infra20th

2015年10月13日 @ 16:11

カテゴリー: Windows10

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。