悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows 10でアップグレードや更新を一時停止する

leave a comment »


Windows 10 では、提供が開始された更新プログラムは自動的にインストールされるようになりました。

更新プログラムには、新しい機能が追加された新しい Windows にアップグレードするプログラムも含まれています。

アップグレードすることを延期したい場合には、Windows Update の詳細オプションで[アップグレードを延期する]チェックボックスをオンにすることで Current Branch(CB)を Current Branch for Business(CBB)に変更して対応することが可能です。

カレントブランチを CBB に変更すると、最大 8 ヶ月アップグレードを延期させることができます。

延期させている期間に、機能の検証などをおこなうことができます。

Update1

また、Enterprise エディション ビルド 10586 ではグループポリシーで管理することで、アップグレードや更新を一時停止することができます。

そのほかに、アップグレードの延期を1ヶ月単位で最大 8 ヶ月、更新を 1 週間単位で最大 4 週間延期させる設定を個別におこなうことができます。

設定は、ローカルグループポリシーエディターを開いたら[コンピューターの構成]→[管理用テンプレート]→[Windows コンポーネント]→[Windows Update]から[アップグレードおよび更新を延期する]ポリシー設定を編集します。

Update2

[ポリシー設定]ダイアログボックスで[有効]をクリックしてオプションを構成します。

アップグレードと更新を一時停止させたい場合には、[アップグレードおよび更新を一時停止する]チェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。

Update3Update4

Written by infra20th

2015年11月17日 @ 13:03

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。