悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

ASUS TransBook T100HAをタブレットで使用する

leave a comment »


12 月 21 日に名古屋で開催された ASUS の製品体験イベントお借りした 2-in-1 PC の ASUS TransBook T100HA をタブレットとして使用してみます。

T100HA をタブレットで使用するには、タブレット部分をヒンジに隠れているドックコネクターとラッチフックから取り外します。

ヒンジ部分は本体から少し出っ張っているデザインになっています。

T100HA-19T100HA-20

ヒンジ部分は前の世代からカバーがなくなりしかも小型化されてスッキリとした印象に変わりました。

T100HA-21

タブレット部分を取り外すにはディスプレイを開いた状態にします。

T100HA-22

机の上に置くと、ほどよい角度がキーボードにつくのでキーが打ちやすいです。

ヒンジ部分は天板などにきちっと密着します。

T100HA-23T100HA-24

ヒンジには、ディスプレイの開いた角度によりヒンジの保護や滑り止めの役目のプラスチック製の突起が接地面に接するように取り付けられています。

T100HA-25T100HA-26

T100HA-27

ヒンジとタブレット部分はマグネットで引っ付く仕組みになっていて、脱着が簡単におこなえるようになっています。

ヒンジからタブレット部分を取り外すと、タブレット部分とヒンジを固定する左右 2 箇所にあるラッチフックと中央にドックコネクターが現れます。

T100HA-28T100HA-29

キーボードのキーについても前の世代から大きく改善がおこなわれています。

また、タッチパッドも前の世代から 20 % 広くなりました。

裏面にもこだわりがあり、ネジ穴がなくなったためよりスマートな印象があります。

T100HA-30T100HA-31

タブレット部分は両手で使用するとちょうどよい大きさですね。

厚みが 8.45 mm  と鉛筆の太さと同じぐらいです。

カバンに入れてもかさばらない厚さがうれしいですね。

薄くなったデザインとはうらはらに、バッテリーの稼働時間は約 11.3 時間で持ち出しても安心して使用することができます。

T100HA-32

タブレット部分を固定するラッチフックはしっかりした作りなので、タブレット部分とドックコネクターを接続するときにコネクターの端子が破損することはないように感じました。

マグネットで脱着が簡単でスムーズにおこなえます。

T100HA-33T100HA-34

タブレット部分、キーボードドックともにスッキリしたデザインです。

T100HA-35T100HA-36

カバンに入れて持ち出すのも楽しくなるようなデザインです。

T100HA-37T100HA-38

アルミニウム合金の質感がよく、カフェなどで使いたくなっちゃいますね。

タブレット + キーボードドックでも、薄く手になじみ持ち歩きやすいです。

T100HA-39T100HA-40

モビリティ性を確保しながら堅牢性とスッキリとしたデザインに力が入っている製品です。

Written by infra20th

2015年12月31日 @ 19:59

カテゴリー: 日々のこと

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。