悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

ASUS TransBook T100HAをノートPCで使ってみて気になったこと

leave a comment »


2015 年 12 月 21 日に名古屋で開催された ASUS の製品体験イベントでお借りしている 2-in-1 PC の ASUS TransBook T100HA をノート PC のスタイルで使用したときに気になったことです。

TransBook T100HA をノート PC のスタイルで使用すると、ディスプレイの開いた角度によってヒンジに取り付けてあるプラスチック製の突起が接地面に接するように取り付けられています。

IMG_4266IMG_4267

プラスチック製の突起は、滑り止めの効果やヒンジの保護などに役立っている部分だと思います。

IMG_4268

ノート PC スタイルで使用する場合に本体を低い位置で使用する場合などにはディスプレイを最大の角度に開いて使用すると思います。

ディスプレイを最大の角度に開くと、プラスチック部分の角が天板に引っかかるような角度で接します。

IMG_4274

机の天板の材質が柔らかいとディスプレイを最大の角度に開いて使用している時に、キーボードを押さえながら本体を天板の上で滑らせて動かしたりするとプラスチック部分が硬く角が立っているので天板にへこみやキズがついてしまいます。

IMG_4262IMG_4264

硬い材質の上では気づかなかったのですが使い方には気を付けないといけません。

新機種では、ヒンジの裏の部分の接地面の角度や材質を工夫してもらいたいです。

Written by infra20th

2016年1月16日 @ 15:16

カテゴリー: 日々のこと

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。