悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Windows ICDを使用したプロビジョニングパッケージの作成

leave a comment »


Windows イメージングおよび構成デザイナー(Windows ICD)は、Windows アセスメント&デプロイメントキット for Windows 10(Windows ADK)に含まれている新しい展開ツールです。

Windows ICD は、Windows イメージのカスタマイズと Windows の設定などが集約されたプロビジョニングパッケージの作成をおこなうことができます。

Windows ICD の画面には、Windows 10 イメージまたはプロビジョニングパッケージで構成することが可能な設定とポリシーを表示させることができ、プロジェクトを作成してストアアプリやドライバ、その他の資産を応答ファイルに追加して、展開可能な Windows イメージやプロビジョニングパッケージをビルドすることができます。

プロビジョニングパッケージには、さまざまな設定のほかに、ストアアプリやデスクトップアプリ、ドライバーなどを含めることができます。

先日開催された、Interact x Cloud Samurai 2016 Summer と .NETラボ勉強会2016年6月 in 仙台では、Windows ICDを使用して Windows イメージに Scanstate ツールでキャプチャしたディスクトップアプリを含める手順をご紹介しました。

以下の Web サイトで使用した資料を公開しています。

URL:Windows10の展開の準備

資料には、Windows 10 のサービシングモデルの説明も記載しています。

Written by infra20th

2016年6月30日 @ 15:15

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。