悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

macOS SierraのBoot CampでWindows 10をインストールする

leave a comment »


MacBook Air (11-inch, Mid 2012) で動作している macOS Sierra の Boot Campで Windows 10 をインストールしてみます。

URL:macOS SierraのBoot CampでWindows 10(Version 1607)をインストールする

Windows 10 Enterprise(Version 1607)64 bit の ISO ファイルで作成したインストールディスクの使用している容量は 6.87 GB です。

URL:MacOS SierraのBoot CampアシスタントでWindows 10のインストールディスクを作成する

URL:macOS SierraのBoot Campアシスタントで作成したWindows 10のインストールディスク

bc1

[Finder]→[アプリケーション]→[ユーティリティ]から[Boot Campアシスタント]を選択します。

Windows 10 のインストールを開始するには、インストールディスクを USB ドライブに接続して[作業を選択]画面では[Windows 10またはそれ以降のバージョンをインストール]だけを選択したのちに[続ける]をクリックします。

bc2bc3

macOS Sierra だけがインストールされているストレージの容量が 128 GB の MacBook Air (11-inch, Mid 2012) では標準で Windows 10 をインストールするパーティションサイズは 36 GB で設定されます。

パーティションのサイズは分割バーをドラッグすることで変更できます。

Windows 10 をインストールできる最大のパーティションサイズは、最大で 89 GB に設定することができます。

bc4bc5

[インストール]をクリックすると Windows のパーティションが作成されて自動的に再起動され Windows 10 のインストールが開始されます。

bc6bc7

Windows 10 のセットアップが開始されたら、指示にしたがって作業をすすめます。

[Windowsのインストール場所を選んでください。]画面が表示されたら、[ドライブ 0 パーティション 4: BOOTCAMP]を選択して[フォーマット]をクリックしてパーティションをフォーマットします。

フォーマットが完了したら、[ドライブ 0 パーティション 4: BOOTCAMP]を選択したまま[次へ]をクリックします。

bc8bc9

bc10bc11

インストールが完了してデスクトップ画面が表示されたらインストールディスクの[WindowsSupport]→[BootCamp]に保存されている[Setup.exe]を実行して Windowsサポートソフトウェアのインストールをおこないます。

インストールが完了したら再起動させます。

bc12bc13

bc14

タスクバーの通知領域に[Boot Camp]のアイコンが確認できるはずです。

bc15

使用されているディスクの容量は 15.6 GB です。

disk1disk2

Written by infra20th

2016年10月10日 @ 16:59

カテゴリー: Windows10

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。